タイムマシン

作者 油布 浩明

82

32人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「構造はきわめて簡単だが、理屈は私以外の者には説明してもわからんだろう。ここに、実物がある」
簡潔に極まるマシンの説明。この一文はSF者(もの)にとって計り知れない価値のある発明である。現にここに在るのだから細かい説明は要らんだろうという潔さ。もちろん量子論だのと小難しい理屈で納得させられたい願望が無い訳ではないが、SFの真髄はそこではない。

感心して読み進めると、実はこれも伏線だったようで、私はしばし腹筋が捻じ切れんばかりの苦行を強いられた。博士らの理屈では、先の説明も全て一貫した規範に基づく発想だったのである。

実にバカバカしい! が、オチ共に研究し尽くされた至高のSFであることは間違いない。