ここが変だよ、VRMMO

作者 パクリ田盗作

127

47人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

自分が思っていた事を、見事なまでにバッサリと切り捨て御免(笑)
清々しささえ感じることができます(笑)

確かに数多ある作品の殆どは、MMOとは言えない内容が多いですが。
 そこは、MMOでは無く。道楽小説だと割り切って自分は読んでおります。 まぁ、内心ではツッコミ入れてますが(汗)

★★★ Excellent!!!

オンラインゲームから戻れなくなる系小説の流行以降、 雨後の筍めいて大量に出まくった印象のあるMMO、VRMMO作品。
その作品の大半が主人公に有利な状況で進んでいくことに、オンラインゲームという目線で見れば、少なからずとも違和感を覚えた経験があるのではないだろうか。

しかし、創作という目線から見れば、ある程度の"変"を使わなければ、読者を引き込むのは難しいのではないだろうか、とも思ってしまう。
ここの所のバランス調整は、オンラインゲームの調整と似ているような気がするの。

――実際のオンラインゲームであれば、ユーザーに有利なバグは即刻修正され、不利なバグはそれに遅れて修正というのが常であるが。

★★★ Excellent!!!

たしかに、たしかにそうなんだけど、そうしないと話が進まないのもまた事実。
ツッコミどころ満載なVRMMO、でもMMOの知識を持って書いてみると、かなりの確率で論理破綻が起きてプロローグもまともに纏まらないということもあるのではないだろうか?(経験談)
でも、一部が無双状態になれるのもまたMMOであり、オフラインなら敗けイベントを除けばほぼほぼ無双ゲー。

ちなみに、1でもダメージが通るならレイドボスのソロ討伐は理論上可能です。

オフラインでもボスハメ殺しくらいは出来ますし、オンライン環境においても可能なゲームは存在しました。

ツッコミはいつも湧く、楽しく読ませていただきました〇

そして、これを参考に書こうとプロット組んでたら危うく精神が死にかけました。
要素の配置手順が多すぎて、マジ死ぬ。
最低数千人からとかマジ無理です。

★★★ Excellent!!!

レビューの内容は間違いなく真実で、今世に出ている多くの作品に対して、作者さんと同じようなMMO経験者の方は「ん?」となることは間違いないです。
作品に多少なりとも矛盾が発生してしまうのはもちろん仕方ないと思います。
でも、現行のVRMMO物は、穴だらけなのが当たり前となっている気すらします。



そして同時に、“評価される作品執筆にはMMO経験は逆に全く必要ない”のではないかとも思うようになりました。
これは、作者さんに異を唱えているわけではないです。

その理由も、ポジティブなものでも全くなく……VRMMOモノを異世界モノのように“単純娯楽として支持している”多くの読者さん達には『MMOの経験が全く無い』んです。
他の場所でも言われていましたが、MMOの経験があると逆に話が深く細かくなってしまって、そういった読者さん達が求める“現実離れした爽快感のあるお話”にできず、足枷になってしまうのではないかと……。


きっちり勉強して書いても、今時の多くの『VRMMOモノ』を読んでいる人から評価を受けられるかというと――――難しいのではないかなとも思います。
というか、今まさに実感しています。

★★★ Excellent!!!

VRMMO作品を読んでいると生まれてくるツッコミ。
いやいや、そんなシステムがあったら運営が炎上しますよ。というような設定に色々と言いたいことを述べる読書日記。

自分が読んでいて思ったのは、モブキャラの心を考えなくてはいけない、ということでしょうか。主人公たちだけが無双できる状態だと、他のプレイヤーはクソゲーだと思うはずです。運営の炎上は間違いないでしょう。

あと、この作者さんは他の作品を読み込んでいて、こういう小説に対する愛情を感じましたね。

★★★ Excellent!!!

 分かりやすくぐさっと突っ込まれてて爽快です。例えば、MMOのプレイヤー経験からして、ほんとバグや意図しない仕様関連はね……リアルだったら悪用したプレイヤーがBANだよこれ!みたいなことは思ってました。自分がやってたMMOでアイテム関係のバグを悪用してBANされた人とか居ます。ほかのMMOでもよくあることでしょう。

 自分のネット上での小説デビュー作(なろう)がVRMMOものなので、ああ自分も当てはまるなあと深く突き刺さったり、自分がいろいろ悩んだ事がよそさまでは何の疑問もなかったなんてと驚かされたりしながら読んでます。書くときにさんざん悩んだのは無駄じゃない、と先の自デビュー作への愛着が増えました。

★★ Very Good!!

マトモに考えるなら、この手の作品でよくあるケースって大体ゲームとして致命的なものばかりですよね。
普通事前に潰されるか、最悪発覚したらその時点でメンテなりなんなりして対応されることでしょう。
(あるいは不具合の不正利用みたいな扱いで、主人公がペナルティを負う可能性もあります)

個人的にはサーバへのアクセスで必ず発生する遅延をどう解決するのかが気になってたりします。
現在のネトゲならどう頑張ってもクライアントの操作からレスポンスまで1秒近いロスが発生するので、これをVRでやったらその遅延が絶対に気持ち悪いと思うんですよね。
PCも通信環境もめっちゃよくなりました、でゴリ押せる部分ではあるとは思いますが、現在のところこういう点に言及した作品は寡聞にして知りません。