白黒世界の色術師

作者 犬のニャン太

高純度のファンタジー世界。色を巡って人々の思惑が交錯する。

  • ★★★ Excellent!!!

ある日突然に世界が色を失う。
そして人々は色を求める。

色ってとても大切で当たり前で、なのに存在感が無い。
失っても機能的に問題ないことの方が多いと思うけど、
失ってしまったら全部が味気ないしきっと辛い。

テーマが壮大で考えさせられる。

そんな世界に色を付けるのが仕事の色術師が主役。
ただの魔法使いなんかじゃない。
この世界だからこそ、この作品だからこそ存在する職業。

物語は色術師を目指す少年を主軸にしながら、
主人公の成長とこの世界特有の問題を楽しませてくれます。

主人公は優しくて聡明で魅力的な少年。
彼の周囲には個性豊かな名脇役が華を添える。

文章にカタカナワードがほぼなくて、重厚な世界観に水を差さないのでのめり込めます。
推しです‼️

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ぴぴこさんの他のおすすめレビュー 25