地球アレルギーの幻獣さんと不自由グルメ

作者 ポン太

11

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

生きていれば*どんな良いことがあるだろう・・*

最初の問いかけに、
元気をもらえる気がします。


肉汁あふれるステーキの描写*

美味しそうなだけでなく、
食を愛する主人公の、食への愛情や
楽しみを感じます*


軽快な語りと*

突然の出会い*


ぴりかが可愛らしく*

食を通した
二人の出会いに*困難が待ち受ける予感です*


拝読していて、登場する食べ物は、
どれも食べたくなります。

ひかりの想いと、
食への想いは、
不思議に幸せな気持ちにしてくれます*


想像以上の困難*

でも、二人の会話を聞いていると*
前向きに* いけるんじゃないかと
思わせてくれます*

お腹いっぱいにしてあげたい

ひかりの温かな思いが伝わります*

小町先生とのやり取り*
料理や健康への知識*も素敵です*

ぴりかの食への礼も感動しました*


笑い話のようで*

食べることから、生きること、
愛情。

誰かを幸せにすることを、
思い描きました*

★★★ Excellent!!!

おいしそうなファンタジー、と思って読み始めましたが、それだけじゃない。

幻獣がアレルギー持ち、という斬新な設定にぐいぐい引っ張られ、アレルギーや、食の安全性についても考えさせられました。わかりやすく説かれた、ためになる一作です。

いつものなにげない普段の食卓を、新しい目で見渡すことができます。

今後の展開も楽しみにしています。