ドクターシップの方程式

作者 松本 浩明

18

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

原点「冷たい方程式」は古典として評価される一方で、「あまりにバッファが無い状況設定はご都合主義的だ」という批判をも浴びました。

この作品ではそれをも踏まえ、どうしてもギリギリの状況にならなければならないという状況演出に工夫があり、そのギミックのひとつとしての「医師」という設定が、主人公の行動に説得力をもたせ、さらにそれがドラマの演出に繋がって読み手の心に訴えます。


解そのものよりも、「どうなるんだろう、どうなるんだろう!」と思わずドラマに感情移入して手に汗にぎる、そんな演出がしっかりと練られた秀逸な作劇。

高いクオリティの短編作品。ぜひご覧ください。