第12話  アヤメの想い

「今日はありがとうね。色々とさ」



デートとすら呼べなくなった、残念イベント後の事。

今はアヤメお手製の晩御飯を愉しんでいる所だ。

妙に元気の無いアヤメがポツリと漏らす。

その落ち込みように心当たりの無いオレは、予想外な感謝をされて戸惑ってしまう。



「ありがとうって……何の話?」

「スミレちゃんのワガママに付き合ってくれたでしょ? あの子は変に頑固だから、あんな風に譲ってくれて助かったんだ」



そんな風に思ってたのか、意外だな。

こっちは譲ったと言うより、付け入る隙が無かっただけなんだが。

好意的に捉えてくれてるようだから訂正はしないけど。



「それから、あの女の子。見ず知らずの子だけど、あんなに泣いてたら可哀想だもんね」

「はいはい、あの話ね。あれは流れで相手しただけだぞ」

「でもちゃんと対応してくれたじゃない。ほったらかしにも出来たのに、しなかった。それがなんだか嬉しくってね」



おやおや?

これは予想外にも好感度アップですか?

早くも諦めモードだったけど、これはもしかするかも。



「あの女の子、親御さんのところに帰れて良かったね」

「そうだな。凄く良い笑顔だったもんな」

「私にもあんな風に、連れ出してくれる人が現れないかなぁ」



おうおう、それは何かい?

遠回しに「どこか遠くに連れてって」と言いたいのか?

まさか1日でここまで親密になれるとは、デートってすげぇな。

引き立て役のスミレさんにも感謝だ。



それからのオレはちょっと上の空だった。

今度の休みにどこへ誘うか、とか。

次こそは邪魔の入らない所がいいな、とか。

そんな事ばかりを考えていた。


これで初彼女へリーチしたかもしれない。

今後の生活にも張りが出るってもんだ。

オレは未来の甘い生活を妄想しつつ、眠りに就いた。



そして深夜。

寝冷えのためか、2時頃に目が覚めた。

春の夜はまだまだ寒い。

起きたついでにトイレへと向かった。


用を足して眠りに戻ろうとしたところ、台所から物音がした。

明かりはついていない。

物音がした後も、かすかに人の気配がする。

どうやら気のせいではないらしい。


こんな深夜に誰が?

アヤメだったら、電気くらい点けるだろう。

お節介半分に松崎さんが……ってのもあり得ないか。


ということは、泥棒?!


いやいや、まさか。

こんな長閑(のどか)な田舎に泥棒なんて居るわけ無い。

念のためモップを片手に持ち、台所のスイッチに手を伸ばした。


ーーパチリ。


急激な明暗の差に、目がツキリと痛む。

それは相手も同じだったようで、オレと同じような姿勢になった。

問題のその人物はというと……。



「アヤメ、こんな夜中に何やってんだ?」



シンクの傍でアヤメが所在無さげに突っ立っていた。

泥棒じゃなかった。

これでひと安心だが、疑問は形を変えて再度浮かび上がる。

深夜に独り、暗がりで何をしていたのか、ということだ。



「ごめんね。起こしちゃったかな」



その声は少し弱々しい。

その両目も赤く染まっている。

オレはモップを投げ捨てて歩み寄った。



「どうした、何かあったのか?!」

「ううん。何かあった訳じゃないの。ただ……」

「ただ?」

「あの女の子が、羨ましくって」

「それって、どういう事?」



立ち話で気軽に聞けるような話じゃないようだから、テーブルに着くよう促した。

アヤメはゆっくりと椅子に座り、静かに項垂れた。

オレはその姿を視界に収めつつ、向かい合うようにして座る。

ギシリと鳴る椅子の音が、酷く煩わしく感じられた。



「前に話したかもしれないけど、私も転生者なんだ」



ポツリ、ポツリと言葉が紡がれていく。

一語一語確認するかのように静かに、そして丁寧に。



「私の死因は事故死らしいの。卒業旅行中での事なんだけどさ。ツイてないよね」

「かなり前に聴いたと思う。それで?」

「その旅行はね、両親に反対されてたの。『子供だけで危ないだろ』ってさ。私はそれに反発して、家出半分のつもりで参加したんだ」



その結果、旅先で帰らぬ人になったのか。

それは相当悔しいだろうな。

両親はもちろん、アヤメ本人も。



「どうにかして両親に謝りたい。そして、幸せだった事をどうにかして伝えたいんだけど、この状況でしょ?」



アヤメが言う通り、イバラキは隔絶された世界だ。

電話やネットはもちろん、手紙ひとつ出すことはできない。

それらは既に確かめている。



「自分の事ながら、叶わない願いを持ってるなーとは思うよ。理屈じゃわかってるの。でも……」

「気持ちは別って事か」



アヤメがゆっくりと頷く。

晩飯の時の『連れ出してくれる人』っていうのは比喩表現じゃなかった。

恋人を指していたんじゃなくて、イバラキから脱出させてくれる人そのものだったんだ。


アヤメの切実な願いが胸に突き刺さる。

あんなに浮かれきっていた自分をぶっ飛ばしてやりたい。

そして、この異様な世界を生み出した張本人にも腹が立つ。


イバラキを異世界化させた謎の魔術師。


その人物が憎らしくなった。

この状況を生み出した事情はあったんだろうが、全く許せる気がしない。



「アヤメ」

「なぁに?」



力なくテーブルに置かれたその両手。

オレの手よりずっと小さくて、力の籠っていないアヤメの手。

それをゆっくりと包みこみ、グッと力をいれた。

オレの意思を少しでも多く伝えるために。



「ここから抜け出そう。イバラキから脱出しよう!」

「でも、それは私も試したよ。結果はこの通りだけど……」

「それは1人でか? それとも何人も連れて試したのか?」

「えっと、私だけ……だったよ」

「じゃあ試してみる価値はある。1人では無理でも、2人なら大丈夫かもしれない」



自信たっぷりに言ったが、根拠は何一つ無い。

でもほんの少しでも可能性があるなら、それに賭けるべきだろう。

転生者2人で挑めば、何かしらのキッカケが掴めるかもしれない。

その可否を知るには、実際に試してみるしか無い。



「……わかった。やってみよう」

「よし、決行は今日。夜が明けてからだな」

「随分と急だね。もしかして、せっかち?」

「目の前で泣かれちゃあな。すぐにでも解決したくなるだろうよ」

「そう……。ダイチくんは優しい人だもんね」



そう言ってアヤメは笑った。

その笑みに、ようやくオレも心が和らぐ。

それでも本当に見たいのは、別のものだ。

涙の跡のない、純粋な笑顔。

それを見るまで諦める事は無いだろう。



それからオレたちは眠りにつき、朝を迎えた。

午前8時。

農作業には遅い時間だろうが、出立するには程よい頃合いだ。

この時間なら電車も走っている。

とにかく行けるところまでは交通網を利用したい。



「アヤメ、準備はいいか?」

「お金に、最低限の荷物。大丈夫だよ!」

「よし、行くぞ!」



玄関を勢いよく開けた。

これから先の困難に立ち向かうようにして。

天気が良いからか、日差しが強い。

逆光気味の太陽に目を細めた。


そしてその光を背負って、スミレが立っていた。

リュックサック付きで。



「遅かったですね。早く出ましょう」



こいつ何言ってんだ?!

その荷物はなんだ、なんでオレたちの動きがわかる、つうか学校行けよ。



「早く出ましょうって、お前は何を言ってんだ?」

「とぼけないでください、虫さん。イバラキから出ていくつもりでしょう?」

「……どうしてそれを?」

「魔術を前にして、隠し事など不可能ですよ」



魔術だと!?

それを聞いてオレはドキリとする。

腹の奥底を見透かされたような気分だ。



「この世界から出たいなら、私を連れていくべきです。この知識が必ず役立ちますよ」



転生前のオレであれば、大笑いしてる場面だ。

『魔術とか、コイツ何言ってんだよ!』なんて口にしながら、腹を抱えて笑っただろう。


でも今は、その胡散臭い言葉がとても心強かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る