第3話  消えてしまった世界


「イバラキってどういう事だよぉぉー!」


辺りに響き渡るほどに、力一杯叫んでしまった。

膝を着いたまま、抱えきれなくなった精神の負荷を撒き散らすようにして。


人気(ひとけ)の無い森で2人きりだ。

慰めの言葉には期待はできない。

むしろ追い討ちのような台詞がぶつけられる。



「もう一度言うわ。ここは忘れ去られた大地、イバラキよ。外界から拒絶され、繋がりの断たれた世界」

「繋がりが、断たれた……? 一体何を言ってんだよ!」

「2度とこの地から出ることは叶わないわ。今ここに居る時点で、イバラキに骨を埋めることが決定しているの」

「い、嫌だぁぁー! そんな話があってたまるかよぉーッ!」



あのクソ女神、よりによってこんな場所に産み落としやがって!

なにが『生きてりゃ良いことある』だ、ふざけんな!



「なぁ、さっきから『繋がりが断たれた』だの『ここから出られない』だの言ってるけどよ。ここは本州なんだろ? 電車に乗れば帰れんじゃねぇか!」

「やっぱり……外の人は今もそんな認識なのね。『あなたたちの世界』からイバラキが消えた事にすら気づいていない」



少女は諦めたように呟きながら、地面に地図を描き始めた。

それは簡略化された日本地図だった。



「イバラキ、どこにあると思う? 指してみて」

「えっと、この辺……?」

「そこは福島ね。間違いよ」

「じゃあ、ここか?」

「そこは栃木。次回からそこだけは指さないように気を付けて」



あれ……、おかしいな。

なんだかポッカリとイバラキの情報だけ抜け落ちているような?

知っているはずなのに、思い出そうとするとモヤがかかってしまう。

今まで経験したことの無い、不思議な感覚だった。



「イバラキの概形は描ける?」



木の枝を差し出しつつ少女は言った。

こう見えても社会は得意科目なんだ。

それくらい描けないハズはない。



「バカにすんなって。ちょっと下が尖ってて……」

「それだと山梨になっちゃうかな」

「あれだ、鳥が飛んでるような形の……」

「鶴の形とでも言いたいの? それは群馬だから。余所じゃ絶対に言わないでね」



んんん?

何故かイバラキだけ出てこないぞ?

学校でちゃんと習って覚えたのに。



「これで少しは理解できた? この地にかけられた『結界』の力の一端を」

「何言ってんだよ。ちょっと忘れてるだけじゃん」



東京で暮らしてた時にも、ニュースでイバラキの出来事は見ていたと思う。

天気予報でも、鉄道網でも、問題なく日常的に繋がってたハズだ。

改めてちゃんと思い出そうとすると、からっきしだけれど。

一帯が丸ごと『消えている』なんて、信じられる訳がない。



「あなた、イバラキに足を運んだことはあるの?」

「一度もないよ。用事なんか無かったし」

「例えばキャンプとか、初日の出とか、サッカー観戦でもいい。何かで行ってみようと思ったことは?」

「いやぁ……周りとプランを考えてる時も、イバラキはリストに出てこないし」

「そうでしょうね。あなたたちは無意識にこの地を避けているから」

「え……?」

「だから、確かめたこともないんでしょう? 実際にイバラキへ行けるのか、そうでないのかを」

「そりゃあ、無いけどさ」



ゆっくりと全身に悪寒が走った。

少女の荒唐無稽(こうとうむけい)な話に、徐々にリアリティが生まれていたからだ。

今まで信じていた世界が崩壊していく。

身寄りを無くしてしまった自分にとって、それは名状しがたい恐怖だった。



「人々が無意識にイバラキを避けようとするのも、覚えているようで忘れてしまうのも、出入りができなくなったのも、全部『とある魔術師』のかけた魔法が原因らしいわ」

「魔術師……?」

「他の県民から事あるごとに見下され、嘲られ、否定される。彼はそんな日々に嫌気が差したそうよ。そして高次元の術式が施され、イバラキは世界から消えた」

「そんな話、馬鹿げてる」

「その日以来、この地は異世界化したらしいわ。通常の手段では入る事も出る事も叶わない、閉ざされた世界に」

「いやいや、おかしいだろ。だってニュースでも『イバラキの◯◯市よりお届けします』って報道してたぞ!」

「どうしてそれが事実を映していると言えるの? 実際の場所を見た事すらないのに、何を根拠に真実だと信じられるの?」

「それは……それは」



二の句がうまく継げない。

確かに彼女の言う通りだからだ。

見知らぬ土地の映像なんて、どうとでもなるだろう。

ナレーターが東京と言えば疑問を持たずに受け入れるし、神奈川だと言えばそのまま信じてしまう。



彼女は木の枝を放って、両手をパンパンと叩(はた)いた。

まるで『この話はおしまい』とでも言うかのように。



「偉そうに語っちゃったけど、私も転生した当初は取り乱したよ。お家に帰りたいーって、よく泣いてたわ」

「なんだ、アンタも転生者なのか。オレだけじゃないんだな」

「たまーに現れるみたい。私も全てを把握してる訳じゃないけどね」



同じ境遇の人物だと知って、親近感が湧いてくる。

そもそも標準語で会話できる貴重な相手だ。

極力仲良くする必要がありそうだ。



「ちょっとウチに来てみない? ゆっくり落ち着いて考えれば、また道も見えてくるでしょ」

「確かに……そうかもな。お邪魔していいのか?」

「もちろん! 歓迎するよー」



彼女の申し出に有りがたく応じた。

ここで暮らすにしても、脱出するにしても取っ掛かりは必要だからだ。

ちなみに彼女の地元は東京の北区らしい。

それがまた親近感を上乗せしたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る