あなたのオリキャラ、小説にします!

作者 佐都 一

164

56人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

 他人が創造したキャラクターを描くというのは、大変なプレッシャーだ。本当に生みの親とイメージを共有できているのか。絶対にしないはずの言動を強制していないか。自分の独りよがりで書いた結果、生みの親をがっかりさせてしまうのではないか――そんな不安が常につきまとう。

 ところが、筆者はこの不安に自ら立ち向かった。他人のキャラクターに命を吹き込み、さらには生みの親さえも気づかなかった魅力をも引き出してみせる。極めて正確で濃密なイメージを共有しなければできないことだ。

 設定をヒアリングするのも容易ではない。あるキャラクターを把握するために何と何を知れば良いのか、自分なりの軸を持っていなければヒアリング自体が無意味に終わる。筆者は適切なポイントを突きながら、不明点がなくなるまで徹底的に聞き込んだのだろう。その見識と努力だけでも感嘆に値するが、キャラクターたちに命を吹き込む文章の精密さや、時には生みの親の文体まで取り入れてみせる技量は見事と言うしかない。

 他人の夢をかなえつつ、自分の引き出しを増やし成長していく筆者の向上心と勇気には頭が下がる。このような企画がもっともっと増えてほしい。

★★★ Excellent!!!

――

Twitter経由で拝見しました。自分のオリキャラを他の人のテキストで動かしてもらえるなんて、何だかとてもワクワクしますよね。
中には元作品を知っている小説もあり、巧みな文章で活き活きと動いているさまには、元作品とはまた違った、―ただしきちんとリスペクトを忘れていない新鮮さがありました。

こういった企画の募集をされていたのを知らなかったので、
間に合えば私もオリキャラ小説化をお願いしたかったですね(>ω<)

★★★ Excellent!!!

――

今回小説化して頂くにあたって、あまりキャラや舞台の設定や漫画を提出できなかったのですが、少ない情報からでも十分に特徴を引き出して下さったりご質問頂いたりして、魅力的にいきいきと動かして下さって本当に有難うございました!とても楽しい小噺になり嬉しいです…!!

★★★ Excellent!!!

――

作ったキャラクターを自分で動かして遊んでいる人でも、他の人に描いてもらうのには憧れがあるはず。
読む側としても、多様なキャラクターが特に美味しい魅せ場で描かれるのは、とてもワクワクしてしまいます。
ワクワクしすぎて、ストラス先生の物語をもっと読みたい!と欲が出てきてしまいましたが、この企画をきっかけに沢山出てくることを祈って。

★★★ Excellent!!!

――

初めて読む企画ものです。
キャラクターを委ねる側も、書く作者さん側も、ちょっとした認識違いとか起きると世界観が崩れかねないと思いました。ただ事前に入念な打ち合わせしているのでしょう、見事に表現し切れています。

よほど場数踏んでおかないとなかなかに出来ないと思いますが、それを成功させている佐都さんの実力あってこそでしょう。

応援します!

★★★ Excellent!!!

――

 これは面白い試みだ。キャラや設定考えるのは大好きでもお話として完成できない人多いよね。私だねうん。ぼくの考えた最強のキャラクターをカッコ良く動かしてもらえるのってなんて素敵。なんて素敵にジャパリパク。大騒ぎ。

 ただ、今現在投稿されている短編3本中2本は小説を書いている人からのお題が元になっている。つまり同業者からの挑戦状というか、リレー小説的というか、フリースタイルラップバトル的な様相を呈している。やれんのかおめえYo!みたいなことである。語弊がある。

 原案つき短編小説をサクサクッと読める、楽しい企画。ダレる暇を与えない。読者は次々に色を変える花火の炎色反応に目を奪われるだろう。才能のぶつかり合いが織り成すマリアージュを是非ご賞味あれ。

★★★ Excellent!!!

――

面白そうな企画だしカクヨム全体でやっているんだろうと思っていたので、佐都さん個人での発案だと知ってまず驚きました。

自分のオリキャラに物語を与えられることでそのキャラクターに自身では思いつき得なかったさらなる深みが出る素敵な企画だと思います。

★★★ Excellent!!!

――

例えばアニメやドラマ、映画などの映像作品において監督・脚本・演出・作画・撮影など細かく役割が分かれているのはもはや当然であり、漫画においても原作と作画を違う人が担当することは珍しくないなか、小説における分業というスタイルは殆ど見ないように感じる。
でも、小説でだって、魅力的な設定を考えることが出来る人がそれを活かせる面白い文章を書けるとは限らない。
なら、プロット構成が得意な人と文章作成が得意な人が組めば、もっと面白いものが出来るかもしれない。誰かの引き出しの奥に眠っていたままの名作のプロットが日の目を見る機会が増えるかもしれない。
そんな、小説の一つの可能性のようなものを感じる企画だと思った。

★★★ Excellent!!!

――

自分のオリジナルキャラクターで、オリジナル小説を書きなさい。
そんな国語の授業を昔、受けたことがあります。

とても楽しい時間で、個人的に創作を始めるきっかけになったものの、技術もなければ見せる相手もいない自分には長続きしませんでした。

考えを尽くして生み出した自分のキャラたちが、しかし小説の基礎も技術も持たず公開する場所も持たない故にお蔵入りする。
頭の中に世界はできているのに、それを伝える手段がない。
そんな切ない経験を思い出しました。

あの頃の自分に会えたら、この企画を紹介したい。そう感じました。

★★★ Excellent!!!

――

自分だけのキャラを作ることは誰でもやったことがあると思うけどそれを小説に出来た人はどれだけいるんだろうか?

自分の夢を託すような、一緒に作り上げるような、そんな企画で素晴らしいと思います。
色んな人の色んなキャラが、小説という形で動いてるところを見てみたくなります。

★★★ Excellent!!!

――

一次・二次を問わず、かつて創作を試みたものの、いざ書いてみると全く描写ができなくて挫折…なんて経験ありません?
自分は昔、エヴァ二次創作全盛期に玉石混交の作品を1000本以上読み、「これなら自分でも書けそう!」と調子に思ったものの、結局最後まで書けずに挫折しました。
理想とするキャラが思った通りに動いてくれない(語彙力、表現力、スピード感)ので、ストレスも溜まる一方。しかも二次なので既存キャラにも関わらず…です。
あの時こういう代行的な小説を書いてもらっていたら、面白さはもちろん、自分が今後もう一度書こうと思った時のヒントになる気がしました。

★★★ Excellent!!!

――

文章を書く人でもイラストを描く人でも、あるいはそれ以外のものを作る人でも、「うちの子」や、それに及ばずとも好きな要素詰めたオリキャラをぼんやりでも持っている人って結構いると思ってます。
でも、それをしっかりとした形にできる人は限られているとも思っていて、実際難しいことです。

その難しいことを、自分の作品や絵と設定だけのキャラからしっかり読み取ってもらい誰かに書いてもらえるのって素晴らしいことだと思いませんか?

他の誰かが作ったキャラクターなのにしっかり命が宿り動き、全て楽しく読ませていただきました。
ただ書いて投稿するだけではなく、最後に元の依頼が公開されているところも繰り返し読みたくなる仕組みで面白いです。

★★★ Excellent!!!

――

同好の士の間で交流の一環として、自主的な範囲での二次創作などは今までも行われていたように思うものの、「オリキャラを作る人と小説を書く人の組み合わせ」なんて明確なコンセプトに基づいた企画は珍しいよう思います。めっちゃわくわくする。

★★★ Excellent!!!

――

人の考えたキャラを自分で動かす事はそうそう容易くない。
そのキャラがどんな性格で、どんな言葉を紡ぐのか、
どんな状況でどんな思いを抱えてどう動くのか。

自分の考えたキャラじゃないから分かるわけないじゃん。
それが当たり前だと思っていました。

僕は帯来洞主さんの小説が好きで、しかもヒバチが大好物なんですが
彼を崩す事なく、むしろ彼の魅力を最大限に惹きだしている佐都さんSUGEEEEEEEE!!!!!
ヒバチカッコイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!
やっぱりヒバチ最高ダヨォォォオオ!!!

素敵な2人の出会いをどうもありがとうございました!
幸せかぁ~っ・・・!!

★★★ Excellent!!!

――

自分で考えてオリキャラを作者によって小説にする物語は凄く発想が良いと思います。
なんでも、作者に頼るのは良くないが自分で考えられないときはこういう風に参考にするのは良いかと思います。

★★★ Excellent!!!

――

キャラクターや設定を作ったまま放置をしている、なんてことは創作をしていると往々にしてあると思います。

そんな時に自分以外の人に自分のキャラクターを託して、そのキャラクターの人生を描いてもらうというのは面白い試みだと思います。
また、他人に書いてもらうことで、自分では気づけなかったそのキャラクターの新しい一面も発見できるかもしれません。
その発見によってさらにキャラを作った側の創作熱も高まるという相乗効果も生まれれるかも、という期待もあります。

この企画がさらに広がることが楽しみです

★★★ Excellent!!!

――

日和さんのTwitterより拝見させていただきました!!


今回は「皆のオリジナルキャラクターを小説にします!」という事で、
キャラクターの設定、資料から小説化していったとの事ですが、
そこからここまで世界を広げていくと言うのが凄いなぁ、と思って、
とても読みやすく、世界に引き込まれていくような感じでした!


日和さんのキャラ、ストラス・アザゼルのキャラクター性は、
他であまり見ないような、珍しい性格だという事も
(少し考えがブッ飛んでておかしい所がある…みたいな)
事前に知っての事なので、ストラスを小説で動かし、表現するのは
割と難しいのでは……と正直思っていました。

しかしここまで忠実に再現して動いていて、
ストラスとしてのキャラクターが上手く表現されているなあ、と
ただただ感心していました!

そして周りにいたキャラクターたちもまた良く設定が練り込まれていて、
最初から最後まで、読んでいて楽しかったです!



自分自身あまり小説に縁がない人間ではあったのですが、
「こういう風に楽しんで読めるんだ…!」と思ったりもしたので、
この筆者さんの小説もまた、読んで見たいな、と思いました!

★★★ Excellent!!!

――

戦いの描写が生々し過ぎず分かりやすくて頭の中に映像が流れてくるようでした。
ジェムリー君が突然強くなって、若干興ざめしたところに、あのラスト!!!鳥肌立ちました!
ストラス医師の非情さが好きです。もっと色んな助手引き連れて、ギクッと来るようなラストをもっと見てみたいと思いました!
これからも頑張って下さい!

★★★ Excellent!!!

――

キャラクターと設定を渡し、それ以外の全てを佐都一さんにおまかせしました。
この企画が元となって佐都一さんの「降魔戦記」を読ませていただいたのですが、これが面白くて堪らなくて…
大好きな「降魔戦記」を書いた作者さんに書いていただけるなんて、本当に嬉しいというかもう感動です。

「ストラス・アザゼル」というキャラはいたのですが、自分自身でどういったキャラクターなのかが上手く掴めず模索していたところ、Twitterでこの企画を目にして応募しました

ストラスはかなり扱いにくい奴だと思うのですが、上手く動かしていただいて有り難い限りです

資料もそんなに多くないのにこの小説に全てが詰まっているような感じで最高です!!
佐都一さんと作るに当たって色々な話をしたのですが、ストラスのキャラもどんどん確立していけて本当にいい経験になりました。

今回は本当に有難う御座いました!
佐都一さんが書かれました降魔戦記、面白いのでオススメです(ダイマ)

★★★ Excellent!!!

――

どこかのCMみたいな感じにしようとして滑ったひとことお紹介は置いといて・・・。
バトルもの短編としての面白さと、これどんなキャラのネタで生まれたんだろう?と楽しくなる、とても良い企画だと思います。
キャラメイク出来る格闘ゲームで、友達やCPUが使用しているのを楽しく見ているような気分。

もっともっとフワッフワなキャラメイクでぶん投げたらめっちゃ大変そうですね。ソレも見たい。

★★★ Excellent!!!

――

設定やキャラだけ作ってそのまま、ということは創作においてはごまんとある。そうした物にこうして命を吹き込まれる様は見ていてとても面白いし、興味深い企画だと思います。

★★★ Excellent!!!

――

作ったキャラクターと設定が、作った人以外の手によって命を吹き込まれる…。
面白い…そして夢のある企画だと思います。
創作をやる人でも、自分みたいに全くそうでない人でも、中学生ぐらいの頃に何となくキャラクターを妄想したことがあるのではないかと思います。
それが喋る、動く!(話しの中で、ですが)
これはロマンですね。是非自分の黒歴史に命を吹き込んでいただきましょう。

★★★ Excellent!!!

――

一人で良いものを作れる人ってそれこそ天才だと思うんですけど複数人でアイデアを出し合ってより良い物語を作っていくのが好きでこういう企画はとても面白いです。
ただ複数人で作業するために必要な歩み寄りが一番労力が要ると思うのでこうして声を大にして歩み寄っていくのは凄いです。より深い協同作業や、この企画を受けてのキャラクター作成した方のリアクションを見てみたいと思いました。

★★★ Excellent!!!

――

自分で作ったオリキャラは、その時点で間違いなく生きている。自分の中でしっかりと生きている。そのキャラクターを見た人の中でも生きているかもしれない。でもそれはそれぞれ違う人生を歩んでいる。

ただ、もしもそこにひとつの物語が与えられたならば、キャラの人生を多くの人と共有できる。それはそのキャラにとって、住む世界が拡がることと同じじゃないかなって思う。

★★★ Excellent!!!

――

「リタイア・ディザイア」の原案は、今から四年前の私の妄想です。

 現代を舞台にした、少し不思議で、面白さと切なさを同時に楽しめるような小説を自分勝手に「現代童話」と定義し、「いつかそんな話が書けたらいいなあ」と思っていました。
 結局、自分の手だけでは「いつか」はこの四年の間には一度も来ませんでしたが、しかし今こうして「自分が見たいと思うシーン」を具体化していただけて、たいへんありがたく思います。

 メインキャラクターの対比を「青」と「赤」という明確な色で表現していただいたのは、原案提供者として特に嬉しい部分です。彼らには、肩書きはあっても名前がありません。とりわけ「赤の魔法少女」こと中学生の少女の変身した姿に至っては

"全身にいかにも機械といった風情の特殊スーツを纏い、いかにもと言った重厚な火器を背負う。"
"特撮ヒーローというよりは、ロボットアニメの二足歩行ロボを等身大にしたようなもの"

 としか書いていなかっただけに、まさかその姿で活躍するシーンが描かれる日が来るとは夢にも思いませんでした…………。感無量です。

 手前味噌ですが、ご都合がよろしければ末尾に記載された原案のページを実際の作品との比較も兼ねてお読みいただけると幸いです。そこではおっさんがどのように「青の魔法少女」へ変身しているのかについて、当時の私が病的なほど事細かく書き表しています。