さそり狩りソサエティシリーズ

夜(笑)――。


「あ、痛え!」


さそり狩りソサエティ現るよ!


(よるわらあいてえさそりがりそさえていあらわるよ)


【解説】夜の後に(笑)が入っている理由も意味も、全くわからない回文である(笑)。手直しする以外の選択肢はない。


  


夜――。


「あ、痛え!」


「さそり狩りソサエティあるよ!」


(よるあいてえさそりがりそさえていあるよ)


【解説】(笑)は無くなったものの、「あ、痛え!」の部分でさそりの鋏にでも挟まれたのだろうか?そうなると「さそり狩りソサエティ」は塗り薬か何かのように読める。


 


夜――。


「会いてえ!」


「さそり狩りソサエティあるよ!」


(よるあいてえさそりがりそさえていあるよ)


【解説】「会いてえ!」によって、恋人同士の会話のようになった。ついでのような感じで使われる「さそり狩りソサエティ」とは一体、どのような種類の集まりなのか……?




夜、四月――。


「や、痛え!」


「さそり狩りソサエティ、奴が知るよ!」


(よるしがつやいてえさそりがりそさえていやつがしるよ)


【解説】どうしても「や、痛え!」の部分の辻褄が合わない。


 


夜――。


「何?訊いて?」


「え?……さそり狩りソサエティ。……気になるよ……」


(よるなにきいてえさそりがりそさえていきになるよ)


【解説】女子寮での会話風になった。

 昼間、あの人が口にしかけた秘密組織 ” さそり狩りソサエティ ” って一体――?

 ミステリドラマ「謎の連続毒殺事件!閉ざされた女子寮の闇 ~さそり狩りソサエティの殺意~」の発端である。


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます