法律が力となる!コミュ障弁護士の異世界判決録

作者 窓際ななみ

14

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

トラブルは日常的に起きるものですが、当然、異世界でもトラブルは当たり前に起こります。そのトラブルを、現実世界ではちょっと痛い弁護士が、異世界ではその力を本領発揮するストーリーです。

注目すべきポイントは、実際の訴訟と同じく主張を立証していくのですが、異世界では主張の仕方がとても斬新という点です。

自己が主張する内容に合わせてモンスターが登場し、倒すことができれば主張した内容が立証されるというシステムで、モンスターの強さは、主張する内容が判例の趣旨に照らし合わせて決まります。ので、ずれた主張をするととんでもないモンスターが出てきてやられるという仕組みは面白いものがあります。

取り上げられている紛争内容も、考えてみたらどうとも取れる内容で、だからこそ解決には法の力が必要なものでした。

一見、堅苦しい内容に見えますが、登場人物たちのキャラクターもきちんと立っていますので、楽しみながら読める作品です。

民事裁判が、紛争の解決を一番としていることをベースに、最後は紛争を解決していく流れも見事だと思います。

ありそうでなかった、専門的な分野を楽しく読める良作です。ぜひ、みなさまも一読されてみてはいかがでしょうか?

解説もコンパクトに載ってますので、とてもオススメですよ!!