12 「撃て」

 ──信じてるからね、ハルト。


 リリスは祈るような気持ちで彼を見つめていた。


 先ほど、彼から受けた説明を頭の中で何度も繰り返す。


 まず、セフィリアは治癒魔法を応用した独自の魔法を操るということ。

 傷を治す力を逆方向に作用させ、その傷を悪化させることができるのだ。

 それを続ければ、わずかな傷でも致命傷へと至り、相手は死ぬ──。


 そして、もう一つはハルトの防御魔法のことだ。

 一日に一度だけ、彼は時間をわずかに巻き戻して、受けたダメージをゼロにできるのだという。


 にわかには信じがたい話だった。


 時間の操作──それはいわば神の摂理をねじ曲げること。

 因果律そのものに干渉するレベルの大魔法。


 歴史上、そんな魔法を操った人間は一人もいない。

 いや、もはや魔法の範疇すら超えている。


 神の領域といってもよかった。


 だが、ハルトが嘘をつくとは思えない。


 だから、信じた。

 恋しい少年の言葉を、純粋に。


 ハルトから授けられた作戦をもう一度思い返す。


『いいか、リリス。俺はセフィリアの攻撃で瀕死の傷を負うはずだ』

『その後で時間が巻き戻る──』

『戻ったタイミングで俺が合図を送る』


 あたしは、それに合わせて彼女を撃つ──。


    ※


「な、なぜ……!?」


 セフィリアが呆然と俺を見ている。

 一瞬前まで瀕死の重傷を負っていたはずの俺を。


 いや、すでに『一瞬前』じゃない。


 第六のスキル形態──『時空反転リバースリアクト』。


 一日に一度だけ使える『時間を巻き戻す防御』によって、俺は無傷の状態だった時間まで戻ってきた。


 そして──俺が狙っていたのはこのタイミング。

 セフィリアの意識がスキル発動に向けられた瞬間だ。


 人間は、同時に二つの物事に意識を向けられない。

 だから──、


「撃て、リリス!」


 叫ぶ。

 ほぼ同時に、


雷光弾バーストブリット!」


 リリスが無数の光弾を生み出し、放った。


 セフィリアの意識が自身のスキル『葬送の超速再生リジェネレーション・レクイエム』の発動から、リリスの攻撃魔法へと向く。


 が、それに対する反応は一瞬だが──遅れた。

 俺の狙い通りに。


「きゃあぁ、ああっ……ぁぁっ……!」


 直撃を受けてセフィリアは吹っ飛んだ。

 リリスはなおも光弾を次々に生み出し、連打する。


「こ、このっ……あうっ、ううっ……!」


 矢継ぎ早に光弾を食らい、セフィリアは集中を妨げられていた。

 攻撃を受けた端から肉体を修復しているものの、傷の痛みまでは消えないからだ。


「隙は与えないっ」


 リリスはさらに数百、数千という光弾を放った。


 魔法能力なら、魔将の魔力を受け継いだリリスの方が、ランクC冒険者に過ぎないセフィリアを圧倒している。

 単純な力押しで攻めこみ、セフィリアに何もさせない。


癒しの大地アーダキュアリー


 その間に、アリスが治癒魔法で自分自身とリリスの傷を治した。


 傷自体がなくなってしまえば、もはや『修復』の逆回転は使えない。

 新たな傷をつけられない限り。


「アリス、仕上げだ」

「はい、ハルトさん──水晶封棺クリスタルコフィン!」


 アリスが唱えた呪文が青白く透き通った輝きを生み出し、セフィリアの周囲を囲んだ。


「な、何、これ……きゃあっ!?」


 悲鳴とともに──その体が巨大な水晶の棺に閉じこめられる。


「窒息死でもさせる気……?」


 水晶の中からセフィリアが眉を寄せた。

 訝しむように俺を見つめる。


「でも無駄だよ? あたしはどんな傷も自動的に『修復』する。誰もあたしを殺せない」

「ああ、確かに殺せないな」


 俺は水晶の中にいるセフィリアを見つめた。

 どんな物理攻撃でも、魔法攻撃でも、セフィリアを殺すことはできないだろう。


「だから、殺さない」


 ──第二の形態、不可侵領域バリアフェイズ

 ──第四の形態、虚空への封印ヴォイドシール


 俺は二種のスキルを水晶内の彼女にかけた。

 魔法発動能力を封じ、さらに物理的な破壊力をも封印する。


「お前の『破壊力』はすべて封じた。魔法でも物理でも、水晶の棺は砕けない」

「っ……!」


 セフィリアが息を飲むのが分かった。


「ほんのわずかでも傷があれば、それを広げて破壊できるんだろうけどな──その傷はつけさせない。氷の棺自体を俺のスキルで保護して、絶対にダメージを受けないようにしておいた」


 そう、これでもう彼女には脱出手段がない。

 ずっと棺の中に閉じこめられたままだ。


「お前の楽しみのために──誰かが傷つくことは、もうない。お前はこの中に封印されるんだ。永遠に」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます