9 「どうかな」

「レヴィン・エクトールの思念を打ち消すことができれば、ジャックさんを元に戻せるかもしれないわね」


 バネッサさんが俺の耳元でささやく。


「思念を、打ち消す……か」


 だけど、どうやって──。


「さあ、すべてを破壊しろ、ジャック・ジャーセ」


 レヴィンが歪んだ笑みを浮かべた。


 奴はジャックさんとの戦いで命を失ったのだという。

 その怨念か、憎悪か、あるいは妄執に取りつかれているのか。


 こいつの思念を打ち消すって、一体どうすればいいんだ。


 るぐおお……おお……ぉぉぉぉぉんっ。


 竜戦士が咆哮とともに向かってくる。


 刹那、周囲が黄金の輝きに包まれた。

 意識の中にいても、俺の『封絶の世界エリュシオンゲート』は問題なくオート発動するみたいだ。


 ジャックさんが繰り出した拳も、蹴りも、尾や爪、牙も。

 すべては虹の輝きに包まれ、破壊力をゼロにしてしまう。


「やはり、駄目か……」


 ジャックさんが苦々しい声でうなる。


「だが俺は止まらん……お前たちを破壊し、この世界を破壊し、魔の気配を持つ者を破壊する……すべてを……」


 まさしくレヴィンの『支配』に取りつかれている竜戦士に、あらためて哀しみが込み上げる。

 どうにかして、この人を解放してあげたい。


 ──待てよ。


 ふいに閃くものがあった。

 ジャックさんを元に戻す手立てを。


「──協力してください、バネッサさん」


 俺は彼女に耳打ちした。


「難しいわね」


 苦い顔で告げるバネッサさん。


「相手の動きが速すぎて、あたしにも捉えきれない。上手くスキルを当てられるかどうか」


 確かに竜戦士のスピードは人間が視認できるレベルをはるかに超えている。

 動きを見て、当てる──というのは不可能だろう。


「それに『移送』のスキルは消耗が激しいの。今までに随分と消費したから──おそらく、あと一度くらいでしょうね。その規模のスキルを使えるのは」


「チャンスは一度……か」


 つぶやきながら、俺は考えをまとめる。


 なんとかジャックさんの動きを止めるしかない。

 その止まった一瞬に、バネッサさんのスキルを使えば──。


「チャンスなど与えない……お前のスキルには、どこかに弱点があるはず……それを見つけ、俺はすべてを破壊する……!」


 ジャックさんがうなる。


「俺の身近な、大切な者たちを守るために……魔の者は……破壊する……!」


 強固な護りの障壁アーマーフェイズに何万発と叩きつけた拳は、甲冑状の皮膚が裂けて血が流れ出していた。


 それでもジャックさんは殴り続ける。


 胸が、痛くなる。


 単純な敵意や害意じゃない。

 彼の根底にあるのは、大切な人を守りたいという思い。


 俺自身も同じような思いを抱いて戦っているだけに、ジャックさんの気持ちは痛いほどに伝わる。


 ただ、その思いがレヴィンの『支配』でねじ曲げられ、いびつな攻撃衝動となって出ているんだ。


 だから、すべての元凶である『支配』の残滓を、この場で封じる。

 封じてみせる。


「そして、あなたを救ってみせる、ジャックさん──」


 突進してくる竜戦士を、俺は静かに見据えた。


「第三の形態──反響万華鏡カレイドスコープシフト


 ジャックさんが繰り出した拳が何百何千と分散して反射される。


「攻撃が視認できなくても、俺のスキルは自動的に発現する。隙はない。攻略法もない」


 俺は冷然と言い放った。


「がはっ……! ぐっ、まだまだ……!」


 自らの力で打ち据えられてもなお、竜の戦士は執念を燃やし、襲いかかってきた。


 やっぱり破壊の衝動に『支配』されていて止まれないのか。

 たとえ、何をやっても俺にダメージを与えられないと分かっていても──。


 なら、止め続けるだけだ。


「第四の形態──虚空への封印ヴォイドシール


 ジャックさんの全身が黄金の光に包まれ、破壊力そのものをゼロに帰す。


「くそ、俺は、まだ……!」


 それでも諦めない竜戦士。


「第一の形態──護りの障壁アーマーフェイズ


 向かってくるたびにスキルが自動で発動し、あらゆる攻撃を完封する。


「もう無駄だよ」


 俺は冷やかに告げて、力の差を思い知らせる。

 彼の闘志を打ち砕くために。


 打ち砕き、それでもなお立ち上がらせ、さらなる強化を促すために。


 そんな空しい攻防を幾十、幾百と重ねただろうか。


「見えてきたぞ……!」


 無数の反射攻撃を受けながら、竜戦士の動きはさらに鋭さを増す。

 一連の攻防の最中に自らを強化し、反射攻撃を拳で撃ち返し、あるいは圧倒的な身のこなしで回避する。


 いくら反射しても、それ以上の対応能力を『強化』で身に付けていく。

 単純にジャックさんの攻撃を『反響万華鏡カレイドスコープシフト』で跳ね返しても、もう通用しない──。


「打ちのめされ続けたのも、無駄ではなかったらしい……俺はまだ強くなれる……!」


 うなるように吠えるジャックさん。


 額の竜の紋章も、甲冑からあふれる赤光も、一際輝きを増した。

 このまま戦い続けても、ジャックさんは際限なく強くなっていくだけだろう。


 今のままじゃ、彼の動きを止めることはできない。


 そう、今のままでは。


「……準備はいいわよ」


 背後でバネッサさんの声が響いた。


「あたしの精神力のチャージは終わったわ」


 よし、準備は整った。

 最後の一手でジャックさんを完全に無力化する──!


「何か企んでいるみたいだけど、無駄だね。ジャック・ジャーセは最強の戦士だ。誰にも止めることはできない」


 レヴィンが哄笑する。


「ハルトくん、君にできるのは防御だけ。守っているだけでは、彼にはなんの痛痒もない!」


「どうかな」


 俺は不敵に笑った。


 ──いくぞ。


 チャンスは一度。


 その一度で必ずジャックさんを封じ、解放してみせる──。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます