9 「会得できた」

 エレクトラの眼前で、世界が蜃気楼のように揺らいでいた。


 ハルトに直撃するはずだった光球は、その寸前で止まっている。

 まるで中空に張りつけられたように。


「あり得ない……」


 エレクトラはうめいた。


 ハルトは今、防御スキルを発動していない。

 その気配はなかったし、そもそも発動するタイミングを与えず、機先を制した攻撃を仕掛けたのだ。


 第一、これは予知の映像とはまったく違う。


 中空で止まっていた光球は、ゆっくりと逆進を始めた。

 狼の精霊が背負う大砲──その砲口に吸いこまれる。


 まるで攻撃自体がなかったかのように。


「一体、何が起こっている!?」


 理解不能の出来事に、思考が止まった。


 しかも、異変はそれだけではなかった。


「……!?」


 気が付けば、彼女の側には双剣の精霊がいる。

 直前にハルトに斬りかかったはずの、精霊が。


 さらに──、


「スキルを使うな。使えば、彼女たちを殺す」


 気が付けば、エレクトラはそんな台詞を口走っていた。


(わたしは……何を言って……?)


 言ってから呆然となる。


 今の台詞は覚えがあった。

 そう、数分前に彼女が告げた言葉である。


「まさか……!」


 エレクトラは呆然とうめく。


 ようやく理解できた気がした。


 何が起きているのか。

 ハルトが、何をしたのか。


「彼の防御スキルの効果なのか? そんなはずは──」


 エレクトラの放った攻撃がすべて逆行し、まるで時間が戻ったような状態にリセットされる──。


 それは彼女の予知にもなかった光景だ。


 確実に予知できる範囲には限界があるから、その先にあった未来ということなのか。


 彼女が読み切れなかった運命。

 あるいは──。


「運命をも超越した防御能力……だというのか」


「ああ、土壇場だったけど会得できた」


 うめくエレクトラに、ハルトが静かに告げた。


「これが──お前の力と共鳴して、成長した俺のスキルだ」


 呆然と立ち尽くしていた時間は一秒か、二秒か。

 そのわずかな時間が勝敗を分けた。


「しまっ……!」


 目の前には、すでにハルトがいる。

 エレクトラが自失し、動きが止まった隙に、猛ダッシュで間を詰めたのだ。


「第六の形態『時空反転リバースリアクト』」


 ハルトの頭上に、十二枚の翼を広げた女神の紋様が浮かび上がる。


「ほんのわずかだけ時間を戻して、攻撃を無効化する──お前の予知はこれで封じた」


 次の瞬間、エレクトラは避ける間もなくハルトに押し倒されていた。


    ※


 俺はエレクトラを地面に押し倒した。


 腕力ならこっちが上だ。

 組み伏せ、中性的な美貌を見下ろす。


「時間を戻した……だと……!?」


 愕然と俺を見上げるエレクトラ。


 これが、さっき意識内の空間インナースペースで女神さまに教わった新たな力だった。


 たとえ未来を予知されて回避不能の攻撃を受けたとしても……『攻撃を受けた』という事実そのものをリセットする。

 時間を逆行させることで。


 発動すれば、絶対の防御能力を発揮する強力無比なスキル。

 ただし、これは今までのスキルとは違い、俺が意識的に発動することはできない。


 保持者ホルダーが致命的な危機に陥ったときにのみ発現する、いわば自動防御オートガードである。


 さらに、一日に一度しか発動できないという制限があった。


『お前の予知はこれで封じた』なんて強気な台詞を言ったのも、そのことを悟らせないためである。


 もし、もう一度エレクトラが予知を行えば、俺がこれ以上『時空反転リバースリアクト』を連続使用できないことがバレてしまう。

 そうなれば戦況は再逆転だ。


 だから一瞬だけでいい。

 エレクトラがひるんでくれれば、俺はその隙をつく──。


「わたしにもう少しだけ先の未来が見えれば、君のスキルの正体を知ることができた、ということか。いや、仮に知ったところで……時間そのものが戻り、わたしが見た未来自体が改変されてしまうな」


 エレクトラは苦笑した。


「『運命を操作できる』わたしの運命をも操作するとは……まったく」


 自分の負けだと悟ったのか、小さく息をつく。


 その一瞬の落胆が──気の緩みが、俺がほしかった値千金のタイミングだった。


「終わりだ、エレクトラ」


 俺は不可侵領域バリアフェイズを発動させる。


 これでエレクトラは精霊に新たな命令を下すことはできない。

 精霊召喚っていうのは、精霊に何か命令をすること自体が一つの呪文扱いだからな。


 第六形態のスキルが明日まで使えなくても、この状態になれば俺の勝ちだ。


 エレクトラに──もはや攻撃手段はない。


「四人の拘束を解くんだ」


 俺は彼女から体を離した。


「……逆らうことはできないようだね」


 ため息交じりに起き上がったエレクトラがぱちんと指を鳴らす。


 召喚自体が解除され、三体の精霊はいずれも姿を消した。

 同時に、リリスとアリスを縛っていたツタも消える。


「お前には色々と聞きたいことがある」


 俺はエレクトラに近づいた。


 何しろ未来が見える能力者だ。

 有用な情報を手に入れておきたい。


 この間みたいに魔将が襲ってくるかもしれない。


 スキルを持った者の中には、グレゴリオみたいに暴れ回り、あるいは他の保持者ホルダーを襲う奴もいるかもしれない。

 実際、何人ものスキル保持者ホルダーが戦う未来が視える、ってエレクトラ自身が言っていたからな。


 対策ができるなら、しておきたいところだ。


「そして、用がなくなれば殺すか?」


 冷笑を浮かべるエレクトラ。


「そんなことするわけないだろ!」


 俺は思わず叫んだ。


「いや、するよ。君は私を消す……わたしには未来が見えると何度も言っているだろう」


「でも、その未来は変わるんだろ?」


 俺が首を振った。


 だいたい俺が彼女を消すなんて──殺す、なんて。

 あり得ない。


「より良い方向に変えようとは思わないのか?」


「わたしを滅ぼす者が、どの口で言うんだ?」


 話は完全に平行線だった。


「わたしはただ平穏に暮らしたい。生き延びたい。それだけさ」


 エレクトラが寂しげに微笑む。


「別にこんな力なんていらなかったんだ。でも、否応なしに見えてしまう。わたしの意志で見た未来もあるが、そうじゃないものもある」


 切れ長の瞳には、どこか虚ろな光が宿っていた。

 悲しみか、苦しみか、あるいは絶望か。


「だから、わたしは──」




 そのとき、俺の前方に──黒い何かが現れた。




「えっ……!?」


 突然の出来事に、一瞬思考が止まった。


「これは──」


 何かに似ている。

 そうだ、確か──。


 黒幻洞サイレーガ


 魔族や魔獣がこの世界に現れる際に出現する亜空間通路だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます