3 「大切な人だと」

 ビッタの森──。

 うっそうと茂る町はずれの森で、俺はルカに呼び出されていた。


「先月の魔将ガイラスヴリムとの戦いで、私は敗れた。あなたがいなければ殺されていたでしょうね」


 開口一番に、ルカはそう言った。


 いつも通りの無表情。

 ただ、唇をわずかに噛みしめているのは、悔しさの表れかもしれない。


「そのとき魔将に言われたの。私の斬撃には重さが足りない、と」


「重さが……」


 ルカが超一流の剣士だということは知っている。


 持ち味は人間離れしたスピード。

 物理と魔法の両特性を備えた剣、戦神竜覇剣フォルスグリードの特性を使えば、その動きは亜光速にまで達する。


 最速にして最強の剣士──。

 それが、俺がルカに対して抱くイメージだ。


「以来、私はずっと探求している。もっと重く、強い一撃を放つ方法を。ハルトにはその練習相手になってほしい」


「練習相手?」


「私が知るかぎり、あなた以上の防御能力を持つ者はいない。ランクSの冒険者まで含めても。その防御を打ち破れるほどの剣を繰り出せたら──私はもっと強くなれる」


 ルカの瞳に爛々とした光が宿っていた。


 表情の乏しい彼女だけど、戦いに関しては生き生きとした雰囲気を見せる。

 以前、模擬戦で戦ったときにもそう感じた。


「分かった。俺にできることは協力するよ」


 俺は防御スキルを展開した。


「感謝するわ」


 極彩色の輝きに包まれた俺を見て、ルカは腰の剣を抜く。


 美しいカーブを描いた片刃の長剣。

 その柄頭には、竜の顔を模した飾りが取りつけられていた。

 彼女が愛用する長剣『戦神竜覇剣フォルスグリード』だ。


「……でも、防御魔法ごとハルトを斬ってしまったら大変ね」


 と、動きを止めるルカ。


 微妙に眉が寄っているところを見ると、困っているんだろうか。

 基本、無表情な女の子だから表情を読み取るのがなかなか難しい。


「じゃあ、ルカが気にせず全力を出せるように、こういうのはどうだ?」


 俺の体を包む光が右手に集まった。

 光球となったそれを、手近の樹木まで飛ばす。


 宝珠の飛翔ウイングスフィアで、防御スキルを飛ばしたのだ。


「これは……?」


 虹色の輝きに包まれた木を見て、ルカが怪訝そうにたずねた。


「遠隔防御ってところだな。俺の防御魔法でこの木を守ってる。これなら全力で切っても平気だろ?」


「……そんな術もあるのね」


「持続時間はだいたい五分くらいだな」


 驚くルカに説明する俺。


「了解よ。とりあえず五分の間、全力で攻めてみる」


 愛用の剣を手に、防御スキルで守られた木に切りかかるルカ。

 白銀の刃が目にも留まらぬスピードで閃き、無数の斬撃が叩きこまれた。


 やがて、五分経過。


「……駄目ね。ビクともしないわ」


 ルカは小さく息をついて、剣を鞘に納めた。


「もっと強く、重い斬撃を身に付けなければ……」


 しまった、余計に彼女の自信を失わせる結果になったかも。

 俺の防御スキルは神の力だからな。


「別に打ち破れなくても、落ちこむ必要はないだろ。俺の防御は魔将だって破れなかったわけだし」


「その魔将よりも強くなりたいの」


 ルカの瞳はどこまでもまっすぐだった。


「強さこそが私のすべて。弱いままの私には存在価値がない」


「いや、価値がないなんてことはないだろ」


 俺は思わず口を挟んだ。


「強さだけがすべてじゃないと思うぞ。戦士としてのルカ以外に、普通の女の子としてのルカにだって価値があるだろ」


「普通の、女の子としての──」


「俺が知ってるだけでも、リリスやアリス、サロメはルカを大切な友だちだと思ってるだろ。もちろん、俺だって」


「ハルトも……?」


 ルカがジッと俺を見た。

 吸いこまれそうなほど澄んだ瞳に、思わず息を飲む。


「私を、大切な人だと──」


 いや、その言い回しだと微妙に誤解を招きそうなんだが。


「私の、ことを……」


 ルカの顔が微妙に赤らんだ。


「ん、どうした?」


「分からない。急に頬が熱くなって……」


 ルカは戸惑ったような表情だ。


「ハルトに、大切な人だと言われたら、突然……胸が、騒ぐ……変な感じ」


 いや、だからその『大切な人』って表現は違う意味にも聞こえるぞ。


 ルカはふうっと熱っぽいため息をつくと、


「いえ、今は心を乱しているときじゃないわ。ハルト、引き続き修業を手伝ってもらえるかしら?」


「お、おう。続けるか」


 なんだか妙な雰囲気になってしまったけど、俺たちは修業を再開した。




 二日後──ミルズシティの上空に、黒い穴が出現した。

 魔界とこの世界を結ぶ亜空間通路──『黒幻洞サイレーガ』。


 ギルドからの警報で町の人たちは庁舎に避難済みだ。


 俺は正式にルカやアイヴィを手伝うことはできないけど、いざというときのために彼女たちの近くで待機していた。


 その二人は前方の大通りに敢然と立っている。


「まったく。町の人たちと一緒に避難すればいいものを……怪我をしても知りませんよ」


 アイヴィがこっちを振りかえってにらんだ。

 ルカの方は無言で空を見上げている。


 やがて、ぽっかりと開いた黒い空間の穴から、まぶしい光が弾けた。


 二条の稲妻が町に降り注ぐ。


 大通りに現れたのは二つの影。


 一体は、四本の腕を持つ騎士のような姿。

 四つの手にはそれぞれ長剣、短剣、槍、斧の四種の武器を携えている。

 種族名は『四腕の冥戦士ヘルズアーム』。


 もう一体は、ぼろきれのようなローブで全身をすっぽり包んだ小柄な魔族だった。

 こちらは身の丈を超えるほど長大な黒い杖を手にしている。

 種族名『秘術使いミスティック』だ。


 戦士型と魔法使い型──異なる戦闘タイプを持つ、二種の魔族が町の大通りをゆっくりと進み始めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます