10 「お礼、だから」

 俺はリリスの魔法で上階まで引き上げてもらった。


 グレゴリオは床に倒れたままだ。

 信じられない、という驚愕と、そして苦悶の表情を凍りつかせたまま──ぴくりとも動かない。


 完全に息絶えていた。


 見開かれたままの瞳が、俺のほうを向いている。

 まるで恨むように。


 そこに一瞬、炎のような紋様が浮かび上がり、すぐに砕け散った。


 俺は……声が出なかった。


 こいつは、俺が殺したも同然だ。

 新たに会得した防御スキル『宝珠の飛翔ウイングスフィア』でグレゴリオのスキルを反射させ──結果、こいつは死んだ。


 多くの人を無差別に殺した、快楽殺人者。

 正直、死んで当然のことをしていると思う。


 それでも、人を殺したという苦い気持ちは、胸の奥に暗く澱んでいた。


「ハルト──」


 ささやくような声とともに、俺はリリスに抱きしめられていた。


「リリス……?」


「守ってくれて、ありがとう」


 ささやくような声にハッとなる。


 そうだ、俺が守ったんだ。

 グレゴリオを殺して、リリスを守った──。


 今は、その事実だけを考えよう。


「もう何回目かな? あたしがあなたに命を救われたのって……」


 リリスが俺を見つめた。


「さあ、何回だったかな」


 最初は竜と戦ったときで、その次は魔族と──。

 なんて、思いだそうとしたそのとき、


「ん……」


 甘くて、蕩けそうなほど柔らかいものが、俺の唇に触れた。


 あまりにも一瞬の出来事で、何をされたのかを理解するのに数秒を要した。

 リリスに、キスをされたのだ──と。


「お礼、だから」


 すぐ目の前に顔を真っ赤にしたリリスがいる。


 もしかして、慰めてくれたんだろうか?


 俺の唇には、まだ彼女とのキスの感触が残っていた。

 甘く、熱く火照るような感触が……。




 ──その後、俺とリリスはアリスと合流し、自警団にグレゴリオを引き渡した。


 といっても、奴が神のスキルを持っていたことは俺にしか分からない。

 即死系の攻撃魔法を使って、通り魔事件を起こしていた……という説明はしたけど、立証するのは難しいかもしれない、ということだった。


 ただ、これでもうグレゴリオによる無差別殺人は起きない。

 それだけが救いだろうか。


 真相を知るのは、俺だけだ──。


    ※


「どうかしたんですか、リリスちゃん。さっきからボーッとして。それに顔が赤いですよ」


 怪訝そうなアリスに、リリスは慌てて両手を振った。


「な、なんでもないのっ」


 言いながら、ほとんど無意識の指先で自分の唇に触れてしまう。


 先ほどの戦いで、ハルトの防御魔法があの男の魔法を反射し──結果、あの男は死んだ。


 ハルトは少なからずショックを受けているように見えた。

 その苦しみを少しでも和らげたくて──半ば衝動的に、彼に口づけしてしまった。


「リリス……?」


 ハルトまで怪訝そうな顔で彼女を見てくる。


 その顔が赤いのは、もしかしたら彼も先ほどのキスを思い返しているのだろうか。


 あらためて考えると、大胆な行為だったと自分でも思う。

 異性と付き合った経験すらない自分が、いきなりあんなことを──。


(っていうか、ハルトからしたら、あたしに不意打ちで唇を奪われたって思ってるよね。気を悪くしてないかな……ああ、どうしよ)


 慰めどころか、かえって嫌な思いをさせてしまったかもしれない。

 悶々としてきた。


 どうしよ、どうしよ……と呪文のようにつぶやいてしまう。


「ふーん……?」


 アリスは意味ありげにリリスとハルトを等分に見つめた。


「私、先に行ってますね。リリスちゃんはハルトさんとごゆっくり」


「えっ、姉さん?」


「二人だけで話したそうですから~」


「あ、ちょっと……」


 止める間もなく、姉は小走りに去っていく。


 あとに残されたのは、リリスとハルトだけだ。


「その、さっきは……ありがとう。おかげで落ち着いた」


 ハルトがリリスに微笑んだ。


「俺のせいで人が死ぬって、初めてだったから……それは、あいつは死んで当然の殺人鬼かもしれないけど、やっぱり動揺しちゃって……」


「少しでも気が休まってくれたら、嬉しい」


 リリスが微笑みを返す。


「いきなり、キ、キスなんてして……怒ってない? ごめんね」


「怒るなんて、そんなこと──」


「あたし、その、初めてだったから……まだ、ドキドキしてる」


 言いながら、恥ずかしさがさらに込み上げてきた。


 まともに彼の顔が見れない。

 頬が燃えるように熱い。


「俺も……初めてだった」


「っ……! ご、ごめんなさい、あたし──」


「いや、その……リリスが相手で、嬉しい……かも」


 ハルトが照れくさそうに告げる。


 その言葉に安堵感を覚えつつ、それ以上に湧き上がったのは恥じらいの気持ちだった。


「あたしも……えへへ、ハルトが相手で嬉しい」


 恥ずかしさで顔から火が出そうだったが、勢いに任せて自分の気持ちを素直に語ってしまった。


 照れくささと、羞恥心と、甘酸っぱい喜びと──。

 それらが混じり合い、胸の中が多幸感で満たされていた。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます