9 「届け」

 俺は女神さまからスキルをもらうまで、平凡な学生生活を送っていた。


 きっと周りの皆と同じように学校に通い、卒業し、就職し──そんな人生を送っていくんだと思っていた。

 特別な目標とか、夢とか、そういうものはなかった。


 平凡で、普通で、ささやかで、穏やかな人生。


 不満があったわけじゃない。

 それはそれで、いい人生だと思う。


 だけど、今は──。


 リリスやアリスと出会い、彼女たちに感化され、『人を守りたい』という気持ちを強く持つようになった。

 手に入れた力で、それを為すことができる──。


 だから、俺は冒険者という職業についた。




 だから──俺は。




 頭上の階では、グレゴリオの赤い光球がリリスに襲いかかっていた。

 触れれば死を免れない、神の力の精髄たる光球だ。


「リリス!」


 俺は叫んだ。


 彼女と出会ってから、今までのことが、一瞬で──まるで走馬灯のように駆け巡った。


 一緒に戦ったときの、凛とした表情。

 お祝いの席での照れたような顔。

 はにかんだような微笑み。

 着替えに出くわしたときの、恥じらった態度。


 失いたくない。

 殺させはしない。


 俺のスキルはそのために──。


 人を守るために、あるんだ!




 ──どくんっ!




 また心臓の鼓動が高まる。


 体中が熱い。

 血潮が沸騰しそうだ。


 グレゴリオと対峙したときから、その感覚は徐々に強まっていた。


 今ははっきりと分かる。

 俺の中にある『力』が、あいつの『力』と共鳴している。


 呼び合い、響き合い、さらなる『力』を呼び覚まそうとしている──。

 今までできなかったことが、今ならできるかもしれない。


 いや、やるんだ。


 俺が大切に思う人間を守るために。


 もっと鮮明に。

 描き出せ。

 象れ。


 俺の力を──。


「届け」


 右手を突き出す。

 ごく自然に。


 理屈も根拠も何もない。


 だけど、不思議な確信があった。


 今の俺なら、この『力』を使うことができる、と。

 今までよりも、もっと強力なスキルを使うことができる、と。


「届けぇぇぇぇぇぇぇぇっ!」


 叫んだ、その瞬間。


 ──眼前に、突然何かが見えた。


 どこまでも広がる白い空間だ。

 その中央に神殿があった。


 俺は半ば無意識に、その神殿に足を踏み入れる。

 内部通路を進んでいくと、まばゆい光があふれた。


 同時に、無数のイメージが湧き出す。




 虚空を飛翔する天使。

 極彩色に輝く宝珠。

 光の渦。

 輝くドーム。

 純白の盾。

 広がる翼。

 美しい虹色の閃光。




 イメージの羅列が脳内を幾重にも駆け巡る。


「ぐっ……ぉぉぉぉ……ぉぉぉぉ、おおおおおおおおおおおっ……!」


 俺は苦鳴を上げた。

 脳に過負荷がかかり、頭の中が焼き切れそうだ。


 それでもなお、俺はイメージを走らせる。


 リリスを護るために。

 力を象り、その力を具現化する。


 一瞬の後、俺の視界は切り替わった。

 元の、塔の中だ。


 眼前にまばゆい輝きが弾けた。


 現れたのは──十枚の翼を持つ、天使の紋様だった。


「──行け」


 俺は静かに告げる。

 天使の紋様が極彩色に輝く光の玉へと姿を変え──。


 上階へと飛んでいく。


「えっ……!?」


 驚きの声は、リリスとグレゴリオの両方から上がった。


 彼女の眼前で、激しいスパークが散っている。

 物理でも魔法でも止められないグレゴリオの光球が、俺の光球によって受け止められていた。


「な、なんだ……それは……!?」


「第五の形態──」


 驚愕するグレゴリオに、俺は静かに告げた。


宝珠の飛翔ウイングスフィア


 防御スキルを任意の場所まで移動させ、そこで発動させる。

 いわば──『遠隔防御』のスキル。


 リリスの眼前で展開された防御スキル『護りの障壁アーマーフェイズ』は赤い光球を受け止め続け、やがて消滅させた。


「……ちっ、スキルを飛ばすこともできるのかよ」


 グレゴリオが忌々しげに舌打ちした。

 それから階下の俺をにらみつけ。


「けど、勝った気になるんじゃねーぞ。しょせん、テメェにできるのは『守る』ことだけだ。どれだけ防御されようが、俺様は何も痛くもねぇ!」


「いや、これで終わりだ」


 俺は冷ややかにグレゴリオを見上げる。


 胸の中に、暗く澱んだ何かが広がっていくのが分かる。


 これは──怒り?

 敵意?


 いや、違う。

 今の俺は、あいつと同じ感情を抱いている。


 明確な──殺意を。


 リリスを護るために。


「ほざけよ! 俺様にはまだまだ残弾はあるんだぜぇ」


 グレゴリオの右目に輝く紋様が浮かび上がる。


「スキルが強くなっているのは、俺様もテメェも同じだ。十でも、二十でも──いくらでも撃ってやるよ。撃って撃って撃って、殺してやる──殺意装填リロードォォォォッ!」


 その周囲に十の光球が出現した。


「まずテメェの仲間を殺す! いくらスキルを飛ばせるったって、これだけの数──防げるもんなら防いでみろぉ!」


 俺に攻撃を防がれたのがよほど悔しかったのか、完全に逆上している様子だ。


 確かに、いくらスキルを遠隔操作できるようになったとはいえ、十個同時に防げるかどうかは分からない。

 一つでも防ぎ漏らしたら──一つでもリリスに触れれば、彼女の命は失われる。


 だけど、俺は平然と言い放った。


「言っただろ。終わりだ、って」


 そう、すべては終わる。

 これで──。


「乱れ飛べ、具象決殺バレットォッ!」


 グレゴリオが十個の光球をいっせいに放つ。


 ──飛べ。


 俺はふたたび念じた。

 同時にグレゴリオの体を虹色の輝きが包みこむ。


 護りの障壁アーマーフェイズ──あらゆる攻撃を反射するタイプのスキルだ。


「なんだよ、こいつはぁっ!?」


 苛立ったように叫んだ彼に向かって、放たれた十の光球が跳ね返り、叩きこまれる。


「えっ……!?」


 呆けたような、声。


 この狭い空間では、この一瞬のタイミングでは……奴に避けるすべはない。


「あ……が……」


 小さな苦鳴をもらし、グレゴリオが倒れ伏す。


「何者であろうと触れた者を『殺す』力──お前自身も例外じゃなかったみたいだな」


 俺は冷然と告げた。


 冷徹に、告げた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます