6 「狙ってこい」

 俺はグレゴリオを探して、大通りを歩いていた。


 あいつは危険すぎる。

 人を殺すことを『狩り』になぞらえ、楽しんでいる。


 そして奴は、俺を『獲物』として認定した。


 ある意味では好都合だった。

 俺を狙っている間は、あいつは他の人間を殺さない。


 これ以上、犠牲者が出る前に──俺がグレゴリオを止める。


 俺のスキルで、あいつのスキルにどう立ち向かうか──。


 現時点で、グレゴリオのスキルについて分かっていることを整理する。


 あいつはスキルを無制限に連発してこなかった。

 もしかしたら一度に撃てる数には限界があるのかもしれない。


 確か冒険者に四発、俺には二発──合計で六発撃った。

 仮にそれが限界だとすれば、その後、一定時間は新たに撃つことができない可能性もある。

 また、連発してこなかったことから、一発ずつしか撃てない可能性もある。


 もちろん、すべて仮説だ。


 ただ、俺の防御スキルには効果時間や効果範囲など、ある程度の『制限』がある。

 なら、奴のスキルにも一定の制限──一度に撃てる数などがあっても不思議じゃない。


 その辺りは、戦いの中で見出していくしかないんだけれど。


 次の問題は、あいつをどうやって見つけるか、だ。


 何万もの人間がいる王都で、グレゴリオを探し出すのは簡単なことじゃない。


 だから──奴の方から見つけてもらうことにした。


 俺が大通りを一人で歩いているのは、そのためだ。

 俺自身を囮に、グレゴリオを引きつける。


 そのために、あえて護りの障壁アーマーフェイズを発動していなかった。

 あんな極彩色の輝きをまとったまま歩いたら、目立ってしょうがないという理由もあるけれど。


 最初から防御スキルを展開していたら、あいつは撃ってこないだろうから。


「狙ってこい……」


 半ば無意識につぶやく。

 赤い光球がどこから飛んでくるか分からないから、四方には常に目を光らせていた。


 光球のスピードはそれほど速くない。

 反応することは難しくない。


 後は、俺が注意力と集中力を切らさないことだった。


 一時間近く、そうやって歩いていただろうか。

 突然、悲鳴が聞こえた。


「えっ……!?」


 すぐ近くの路地裏からだ。


 俺は声がしたほうに走った。


 前方に人影が見えた。

 どうやら誰かから逃げてきたみたいだけど──。


 暗がりに、チカッと赤い輝きがまたたく。


「がっ……!?」


 同時に、人影が倒れた。


「あいつ──」


 俺は怒りをにじませて、うめいた。


 苛立ったのか、ただの気まぐれか……グレゴリオが無差別に人を殺し始めたらしい。

 あるいは、俺をおびき出すためか。


 だとしても放ってはおけない。

 行くしかない……っ!


「やめろ!」


 俺は一直線に走った。


 倒れているのは、若い男だった。

『殺し』のスキルを一度に撃てる回数が六回とすれば、残りは四発──。


 俺は周囲を警戒する。

 危険を考えれば、すぐに防御スキルで身を守るべきだろう。


 だけど、そうなるとあいつは警戒して去ってしまうかもしれない。


 どうする──。

 一瞬の躊躇が、隙を生んだのか。


 倒れている死体と死体の間からにじみ出るように、一発の赤い光球が放たれた。


「くっ──」


 俺は素早く集中し、瞬時にスキルを展開する。


 一ヶ月の冒険者生活で、とっさのタイミングでのスキル発動には慣れていた。

 生まれた虹色の輝きが、赤い光球をあっさりと弾き飛ばす。


「ちっ、不意打ちのつもりだったか……やっぱ駄目か」


 苦笑交じりに前方から歩いてくる人影があった。


「──グレゴリオ」


「一瞬で発動できるんだな、それ。なかなか便利じゃねーか」


 へらへらと笑う殺人鬼を、俺は険しい表情でにらみつけた。


 足元に倒れている男は、なんの理由もなく突然命を絶たれた。

 こいつの楽しみのためだけに。


 許せない、と思う。

 絶対に野放しにできない。


「はは、怖い顔すんなよ。ただのゲームだろ」


「ゲームだと!」


 叫んだところで、俺の周囲を覆う輝きが薄れる。

 いつの間にかスキルの持続時間が終わりそうだ。


 護りの障壁アーマーフェイズの光が消えると、俺はすぐにスキルを張り直した。


「なんだ? 制限時間でもあるのか、それ?」


 グレゴリオが訝る。


 俺はもちろん答えなかった。

 スキルの特性や弱点をわざわざ話す必要はない。


「ま、神のスキルも無制限かつ万能とまではいかないからな。できることもあれば、できないこともある」


 グレゴリオが肩をすくめた。


「俺様の『紅蓮の魔眼フレアヴィジョン』なんてまっすぐにしか撃てないし、一度に六発しか撃てないし──必ず殺せるのはいいが、案外不便なもんだぜ」


 無警戒にぺらぺらと能力の概要を語るグレゴリオ。

 紅蓮の魔眼フレアヴィジョンというのは、奴の能力名だろうか?


 それにしても、妙だ。

 グレゴリオはどうして──わざわざ俺の前に姿を見せたんだろう。


 こいつの能力なら、身を隠して俺を暗殺するのが一番脅威だと思うんだけど。


「俺様が出てきたのが意外か? 別に策なんかじゃねーよ。殺しを楽しむ一環さ」


 グレゴリオが笑う。


「俺様は『殺したい』んじゃない、『殺すのを楽しみたい』んだよ。テメェの絶望する顔を間近で見たいのさ」


 あいかわらず奴はペラペラと話している。


 俺は油断なくスキルを張り直した。

 およそ一分で効果が切れてしまうから、その都度、スキルを展開し直しているのだ。


 とにかく気を抜いちゃいけない。

 罠じゃない、なんて言っているけど、それ自体が俺を油断させる罠かもしれない。


「おいおい、怖い顔すんなよ。そういえば、さっきテメェの仲間を見かけたぜ? 二人とも美人だよなぁ」


 二人とも……ってことは、リリスとアリスのことか?


 まさか『来ないでくれ』って言ったのに、結局俺のところに──。


「ははっ、仲間のことが気になるか。注意が逸れたなぁ」


 グレゴリオの声音が、変わった。


 楽しげな声に、底冷えするような殺意がこもる。


 ちょうど、それは──俺のスキルが解けるタイミングだった。

 さっきから俺は一分ごとに張り直しているから、グレゴリオにも持続時間のことがバレていたんだろう。


 背後に、嫌な気配が生まれる。


 理屈ではなく。

 俺は、本能で振り返った。




 すぐ目の前に──赤い光球があった。




 こいつ……まっすぐにしか撃てないんじゃ──!?


「はっ! スキルが解けた瞬間なら、ダメージは通るよなぁ!」


 グレゴリオの、嘲笑。


 殺しのスキルの精髄である光球は、至近距離に迫っていた。


 まずい、スキルを展開するにしても一瞬の集中が必要だ。

 その一瞬よりも──光球が俺に当たる方が、わずかに早い。


 絶望的な判断が俺の心を凍りつかせる。


 ──いや、まだだ!


 なんとか展開するしかない。


 全力で集中し、最速でイメージを練る。

 間に合え──。


「無理だな。俺様の勝ちだ」


 グレゴリオが勝ち誇り。


 視界いっぱいに光球の赤い輝きが広がる。


 死──その単語が、絶望とともに脳内に浮かぶ。


風王撃エルガスト!」


 刹那、響いた声とともに、


「っ!?」


 俺の体が突風のような衝撃によって真上に吹っ飛ばされる。


 まさに、間一髪だった。


 赤い光球は、俺が直前まで立っていた場所を通過していった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます