9 「僕らだけの王国を」

「僕はレヴィン・エクトール。至高神ガレーザより『支配』のスキルを授かりし者──」


 美貌の少年は芝居がかった動作で両手を広げ、告げた。


「支配の……スキル?」


「その名の通り、他者を自分のコントロール下に置くことができる能力さ。ここにいる兵士たちも全員、僕の支配下にある。まだまだこのスキルは訓練中だから、彼らの練度も高くはないけど、ね」


 レヴィンが周囲を見渡すと、兵士たちはいっせいに跪いて頭を下げた。

 まるで彼こそが自分たちの主君であるかのように。


「本来、神のスキルのことを口外することはタブーとされている。ただ、彼らは僕の能力によって意識そのものをコントロールしている。後で記憶自体を消去すれば、話を聞かれても問題はない」


「タブー? 何の話だ?」


「ああ、それも知らなかったんだね。僕らの力──神のスキルのことを他人に口外すれば、自分自身にダメージが跳ね返ってくるんだよ。その辺りのことは一通り調べてある」


 少年が語ったのは、初めて知る話だった。

 ジャックは奇異の目で見られるのが嫌で、このスキルのことを他人に話したことはなかったのだ。


「僕も、自分以外のスキル持ちに出会うのは初めてだ。ただ、この能力──『支配』のスキルをもらったときに聞いたんだ。スキルを持った者は全部で七人いる、とね」


「七人……」


「君もその一人だろう? 僕と『同種』──選ばれた人間だ」


 言って、レヴィンは手を差しのべた。


「僕の仲間にならないか。君を同志として迎えたい」


「仲間……?」


 ジャックは胡乱げな視線を少年に向けた。


 自分はまだ名前すら明かしていない。

 そんな人間に仲間だの同志だのと……胡散臭いとしか言いようがない。


「僕は自分の国を手に入れるつもりだ。君にはその手伝いをお願いしたい」


(おいおい、自分の国って)


 まさに子どもの戯言だ。


 ──目の前の少年が、神のスキルの持ち主でなければ。


「僕らの王国──望みがなんでも叶う理想郷さ」


 レヴィンはぱちんと指を鳴らした。


 背後から数人の少女が現れる。

 いずれも学生服姿であるところを見ると、彼と同じ学校に通っているのだろうか。


 そろいもそろって、目を見張る美少女ぞろいだった。


「ああ、レヴィン様ぁ……」


 彼女たちはレヴィンに対して悩ましげな嘆声をもらした。

 十代の少女とは思えぬほど蠱惑的な仕草で、左右から、背後から彼に抱きつく。


「よしよし。夜になったら全員可愛がってやるからな」


 まとわりつく美少女たちとキスを交わし、胸元や腰に妖しく手を這わせつつ、レヴィンはジャックを見据えた。


「女も、金も、武力も、権力も──僕の支配スキルを使えば思いのままだ。君が望むだけのものを、対価として差しだそう」


「……そんなことをしなくても、俺を直接支配すればすむことじゃないのか?」


 ジャックはじりじりと後ずさった。


 全身の毛穴が開き、緊張の汗がにじむ。


 半ば本能的に悟っていた。

 少年の言うことは真実だ、と。


 彼は自分と同じく神のスキルを持つ者なのだ。

 その力は絶対的にして、圧倒的。


 もし彼に支配されてしまったら──。


 そうなる前に強化した脚力で、全速力で逃げるべきか。


「相手を支配している間は、柔軟な思考や強固な意志といったものが失われてしまうんだ。神の力を持つ君が、ただの操り人形になってしまうのは惜しい。そもそも同志たる君に、そんな真似をするわけがないだろう」


 レヴィンは心外だと言わんばかりの口調だった。


(同志……ねぇ)


「僕らはきっと友だちになれるよ」


 美少年の爽やかな微笑みに対し、ジャックの感想はこうだった。


(──うさんくさい奴だ)


 表面上は仲良くしながら、陰で彼の悪口を言うような連中──そう、以前勤めていた商社の上司や同僚たちと同じ目をしているのだ。レヴィンは。


「いくらスキルがあるからって、個人が国に対抗できるとは思えないな」


「いや、神のスキルは国という力にすら対峙できるものだと、僕は信じる」


 ジャックの言葉にも、レヴィンの返答は揺らがない。


「それに僕らの力は強まりつつある。感じないか? 数週間前からスキルの効果が徐々に増大しているのを。限界領域が明らかに上がっているんだ」


「そうなのか? 俺はそもそも自分のスキルを全開にすること自体が少ないから、ちょっとわからないな。基本的に仕事に使ってるだけだし」


「……欲がないんだね、君」


 レヴィンが苦笑した。


「スキルがあれば、もっと大きなことを成し遂げられるだろうに」


「うーん……俺は平穏に暮らせれば、とりあえずそれでいいからな」


 ジャックは苦笑した。


「悪いけど、仕事中なんだ。いつまでも油を売っているわけにもいかない。俺はそろそろお暇させてもらう」


「では、僕の言ったこと……考えておいてくれないか」


 レヴィンが微笑んだ。


「僕らで手を組み──さらに他の神のスキル持ちも仲間に加えて、僕らだけの王国を作るんだ」


「今のところ、興味はないな」


 ジャックは肩をすくめ、背を向けた。


「まあ、興味があろうとなかろうと……いずれ僕らはまた会うことになるよ」


 背後からレヴィンの楽しげな声がした。


「僕にスキルを授けた神──ガレーザは言っていた。神の力を持つ者同士は引かれあう、と。僕ら以外のスキル持ちも、すでにどこかで出会っているかもしれないね。それが友好的な関係になるのか、敵対的な関係になるのかは分からないけれど」


「正直、どっちもごめんだな」


 ジャックは振り返らずに本音を告げた。


 結局、最後まで自分の名を彼に明かさなかったのも、関わりたくなかったからだ。


(そうだ、俺は平穏に暮らすことができればそれでいい)


 自身に言い聞かせる一方で、嫌な予感は消えなかった。


 スキルを手に入れて以来、順風満帆で平穏だったジャックの生活が──。

 今日を境に変わり、崩れ去っていくのではないかという予感が。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます