6 「ランクアップのお祝いを」

 そういえば、今日が社会人初日だったんだよな──。


 ふと、そんなことを思う。

 つい先日までは学生だっただけに不思議な感じだ。


「まだ冒険者の生活が始まった、って実感が湧かないな……」


「すぐに慣れるよ、ハルト」


 間近で見るリリスの微笑みは、やっぱり可憐だ。


 勝気で凛々しい美貌も。

 酔いのせいか、軽く潤んだ瞳も。

 薄く紅が塗られた花のような唇も。


 つい意識してしまうと同時に、気恥ずかしさを感じてしまう。


「地道に依頼をこなして、ランクを上げていけば、受けられる依頼も増えてくるし、そこでまた実績を積んで──っていう感じで、ランクアップを目指していくのが冒険者生活の基本ね」


「なるほど……」


「中位のランク……B以上になると、魔族や魔獣と戦う依頼も増えますし、ハルトさんの実力も活きると思います~」


 アリスがにっこりと説明した。


「じゃあ、まずはランクアップして、みんなと一緒に戦えるようにがんばるよ」


「あたしもできることがあったら協力するね。あなたが早くランクを上げられるように」


「私もお手伝いできることがあったら声をかけてくださいね」


「あ、ボクもボクも。ハルトくんに助けてもらったし、今度はボクの番だね」


「私も、あなたのために役立ちたい。命を救われた恩に報いたいから」


 リリスが、アリスが、サロメが、ルカが次々と身を乗り出す。


「ありがとう、みんな」


 俺は感謝の気持ちでいっぱいだった。




 ──楽しい宴もお開きとなり、俺は宿の部屋に戻った。

 ドアノブに手をかけると鍵がかかっていない。


「あれ、なんで開いてるんだ?」


 俺は眉を寄せた。


 まさか不法侵入者とか?

 王都は治安がいいって聞くけど、いちおうスキルを発動しておくか。


 俺の体を極彩色の輝き──護りの障壁アーマーフェイズが包む。


 なるべく音を立てずにドアを開き、警戒しながら室内に入った。


 あれは──。

 俺は前方を見て、ハッとなった。


 薄明りの灯った部屋の中央に、すらりとしたシルエットが見える。


 豊かに膨らんだお椀型の胸と、その頂上に息づく薄桃色をしたつぼみ。

 細くくびれた腰。しなやかな両足。

 そしてツインテールにした黄金色の髪──。


 俺は言葉を失い、呆然とその場に立ち尽くす。


「えっ……!?」


 目を丸く見開いて俺を見つめているのは──リリスだった。


「き、きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」


 彼女の絶叫が室内に響く。


「どうしたんですか、リリスちゃん~!?」


 駆けつけてきたのは、アリスだ。


「す、すごい格好……あわわわ」


 半裸の彼女を見て、慌てたようにドアを閉めるアリス。


「肌を見られた……男に、見られた……もうお嫁に行けない……」


 一方のリリスはその場にしゃがみこみ、豊満な胸元を両手で押さえるように隠しながら、ブツブツとつぶやいていた。


「ハルトさん……?」


 アリスが冷ややかな目で俺を見据えた。


 普段おっとりした彼女だけに、こういう目つきをされると、すさまじい迫力だ。


「ち、違う、誤解だ。俺が自分の部屋に入ったら、リリスが着替えてて──」


「では、リリスちゃんがこんな大胆なアプローチを……?」


 アリスはさっきまでの怖い目つきから、驚いたように目を丸くする。


「むむむ、やはり恋は女を変えるのですね……!」


「ハルトの部屋……?」


『お嫁に行けない』というつぶやきを繰り返していたリリスが、怪訝そうに顔を上げた。


「207号室は俺の宿泊室だよ」


「えっ、ここって307号室じゃ……」


 言いかけて、リリスがハッとなった。


「もしかして鍵間違えたのかな……」


 俺は、飲み会のときに宿泊室の鍵を手元に置いてたんだけど、何かの拍子でリリスの鍵と入れ替わってしまったのかもしれない。

 席が隣同士だったし、荷物が紛れたとかで──。


 さらに階まで間違えて、こういう事態になってしまったわけか。


「ごめんなさい、お騒がせして……」


 リリスはたちまち申し訳なさそうな顔で、深々と頭を下げた。


「いや、俺もちゃんと確認しなかったし……その、ごめん。見ちゃって……」


「やぁぁ……思いだしちゃうから、言わないで……ぇ」


 リリスの顔がふたたび真っ赤になった。


「恥ずかしい……うう」


「あ、悪い……」


 言いながら、俺もさっき目にした光景を思い出してしまう。


 生まれて初めて目にした、女の子の半裸姿。

 見とれるほど綺麗で、ゾクゾクするほど艶めいていて──。


 リリスって、やっぱり胸大きいんだな……うん。

 それに腰のくびれとか足の形とか、スタイルも抜群だ。


 思い出していたら、下半身に血が集まってきた。

 あ、これはさすがにまずい。


「……ハルト?」


「い、いや、俺は何も見てない、思い出してないっ」


 ジトッとリリスににらまれ、俺は両手を振って否定した。


「これは責任を取らなければいけませんね。貴族の娘たる者、夫以外の男に肌をさらすなどあってはならないことですから……!」


 冗談とも本気ともつかない口調のアリス。


「せ、せ、責任……っ!?」


「姉さん、それくらいにして。もう、ハルトが困ってるじゃないっ」


 リリスがアリスを軽くにらんだ。


「えへへ、ごめんなさい、二人とも。ちょっと酔ってしまったのかもしれませんね……」


 アリスはぺろりと舌を出した。


「とりあえず着替えを済ませるから、ハルトはちょっとだけ向こうを向いてもらってもいいかな?」


「あ、ああ」


 リリスに言われて、俺は背を向けた。


 しゅる、しゅるり……と背後で衣擦れの音がする。

 なんだか、ドギマギする──。


 やがてリリスは着替え終わり、


「じゃあ、あたしたちはこれで。本当にごめんね、ハルト」


「お休みなさい、ハルトさん~」


 アリスとともに部屋の出口に歩いていく。


「ああ、お休み」


 二人は出口のところでにこやかに微笑むと、


「今日は楽しかった、また、みんなで集まろうねっ」


「今度はハルトさんのランクアップのお祝いをできるといいですね~」


 部屋を出ていった。


 ランクアップ、か……。

 そうだな、明日もがんばろう。




 ──次の日から、俺は採取や探索系の依頼を中心に仕事をこなし続けた。


 防御スキルのおかげで、危険な場所に出向いてもノーダメージで依頼をこなすことができる。


 爆炎や竜巻の中を平然と歩き、モンスターの群生地を易々と突破し、罠だらけのダンジョンを余裕で踏破する。


 難易度ランクが高い依頼を、俺は次々に達成していった。


 そんな生活を続けるうちに一ヶ月が経ち──。

 俺は早くもランクDへと昇格した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます