8 「我が剣はすべてを打ち砕く」

 サロメは戦慄とともに、ギルドの中庭にたたずむ黒騎士を見据えていた。


(六魔将って、まさか伝説にある魔王の腹心……!?)


 まさか、と反射的に心中で否定する。


 魔の者を統べる存在──魔王。

 そしてその側近にして、魔界最強を誇る六人の魔族。

 それが六魔将だ。


 だが、それは伝説やおとぎ話の類で語られる存在である。

 目の前の魔族は、その名を騙っているに過ぎないのか、あるいは──。


「伝説の魔将かどうかはともかく、並じゃないのは確かだね……」


 雰囲気だけで分かる。

 あの魔族──ガイラスヴリムから、おそろしく強大なプレッシャーが吹きつけてくるのを。


 あるいは、最強のクラスS相当の力を持っているかもしれない。

 だとすれば、彼女一人では手に負えない相手である。


(ギルドの他の冒険者と連携して、なんとか倒すしかないか)


 腰に下げた大ぶりのナイフを抜き、油断なく身構えた。


「……人間の世界か……久方ぶり、だ……」


 鉄が軋むような声とともに、黒騎士が周囲を見回す。


 仮面付きの兜はその表情を完全に覆い隠していた。

 唯一露出した赤い瞳が異様にぎらついている。


「神の力を持つ者……どこだ……いぶり出すか……」


 黒騎士は巨大な剣を右手一本で掲げた。


「同胞を殺していけば、いずれ現れるのだろう……? 人間どもは、仲間とやらを大切にする……」


 沈み始めた陽光を浴びて、鉄板のように幅広の赤刃が血の色にきらめく。


「貴様らは……全員、死ね……」


 吹きつける殺意に、サロメは全身をこわばらせた。

 と、そのとき、


「魔族か!」


「レーダーに反応はなかったが……よりによって冒険者ギルドにやって来るとはな!」


「何が六魔将だ! そんなハッタリでビビる俺たちだと思うなよ!」


「全員で囲め!」


 中庭に十数人の冒険者たちが駆けつけてきた。

 見知った顔も入れば、知らない者もいる。

 中にはサロメと同じランクAの冒険者もいた。


「こういう相手は俺の得意分野だ」


 その冒険者が進み出る。


 年齢は二十代半ばくらいか。

 巨躯を覆う鉄の甲冑に、両手持ちの巨大な戦槌ウォーハンマー

 典型的なパワーファイター型の戦士だった。


「この俺に正面から挑むか……いいだろう」


 ガイラスヴリムが戦士を見据える。


「……いざ尋常に勝負」


「言われなくてもっ」


 叫んで、戦士が突進する。

 重装甲の割にかなりのスピードだ。


 十分に速度が乗ったところで、戦槌を叩きつける。

 単純な──それゆえに強力な一撃。


「砕け散れぇっ!」


「……ふむ、なかなかのパワーとスピードだ」


 対する魔族の黒騎士は微動だにしない。

 掲げたままの右手の剣を振るうことさえせず、ただ無造作に左手を突き出し──、


「なっ!?」


 指一本で巨大な戦槌を止めてみせた。


「人間にしては、な」


 黒騎士が巨剣を一閃する。


 悲鳴を上げる暇さえなく──戦士の体は両断されて吹き飛んだ。


「あ……ああ……」


 一瞬で殺された戦士の死体を前に、他の冒険者たちがいっせいに後ずさる。


「そいつに接近戦を挑んじゃ駄目! 飛び道具で攻撃して」


 サロメが叫んだ。

 凛としたその声に、パニック状態に陥っていた冒険者たちが我に返る。


「よ、よし、俺たちでやるぞ」


「戦士系の連中は後ろに下がれ!」


 魔法使いたちがいっせいに攻撃呪文を放った。


 赤、青、緑、黄色──色とりどりの魔力の光とともに、無数の魔力弾がガイラスヴリムに叩きつけられる。

 すさまじい閃光が弾け、衝撃波が荒れ狂う。


「……くだらぬ」


 爆炎の向こうから現れた黒騎士は、まったくの無傷だった。

 あれだけの魔力爆撃を、意に介した様子さえない。


(何、こいつ……!? 普通の魔族とは次元が違う……!?)


 サロメは戦慄した。

 まさか、本当に伝説の魔将だというのか──。


「我が剣はすべてを打ち砕く……消えよ……砕けよ……滅せよ」


 ガイラスヴリムは巨大な剣を片手で軽々と掲げた。

 血のように赤い刃が沈みかけた陽光を浴びて、鈍くきらめく。


「まずい──」


 サロメは血の気が引くのを感じた。


「みんな、逃げて!」


 叫びつつ、彼女自身も全速でその場を離脱する。


 直後、魔族の剣が一閃した。


 巨剣が描く真紅の軌跡が、周囲のすべてを薙ぎ払う──。




 ──一瞬、意識を失っていたらしい。


 気が付くと、サロメは瓦礫の中に倒れ伏していた。


「随分と派手に……やってくれるね……」


 弱々しく立ち上がる。

 目の前がかすみ、よく見えなかった。


「ごほっ、ごほっ……」


 内臓のどこかを痛めたらしく、口から血の塊がこぼれる。


(あの一瞬じゃ因子の力を使えなかったからね……よく生きてたよ、ボク)


 心の中で苦笑した。


 脚力や感知能力を増大させる『隠密おんみつ』の『因子』を持つサロメだが、あの一瞬で力を引き出すことなど不可能である。

 因子を活性化させるためには、そのためのイメージの鮮明化という作業が不可欠だからだ。


 それでも優れた身体能力を持つサロメだからこそ、かろうじて建物の陰までたどり着くことができた。


 まさに間一髪──。

 直後にガイラスヴリムが斬撃を放ったらしく、すさまじい衝撃波が吹き荒れた。


 そして、気が付けばこの有様というわけだ。


 ギルドの建物が盾代わりとなり、かろうじて致命傷は避けられたらしい。


 他の者たちは無事だろうか。

 かすむ視界が徐々に回復し、サロメは周囲の状況を知る。


「あ……ああ……」


 そして、呆然とうめいた。




 アギーレシティは──壊滅していた。




 見渡すかぎりの瓦礫の山が町の端まで続いている。


 信じられなかった。


 魔族の、たった一振りの斬撃で──。

 建物という建物が倒壊し、道という道が切り裂かれ、破壊され、陥没していた。


 まともな建造物は一つも残っていない。

 あちこちから無数の怨嗟と苦鳴が聞こえてくる。

 今の攻撃に巻きこまれ、生き残った者が果たして何人いるか……。


 文字通りの地獄絵図だ。


 脳裏に、ここ数日で仲良くなった食堂の女主人の顔が浮かぶ。


「おばちゃん……」


 サロメは全身が崩れ落ちそうな絶望と虚無感を覚えた。


 町を破壊した魔族は、数百メティル前方で悠然とたたずんでいる。


 サロメの存在には気づいていないのだろう。

 いや、そもそも人間など眼中にもないのかもしれない。


「ガイラス……ヴリム……!」


 許せない。

 殺す。

 相手が魔将だろうと関係ない。

 存在そのものを抹消してやる──。


 陽気な少女の顔は姿を隠し、ドス黒い殺意に染まった暗殺者としての彼女が代わって現れる。


(あいつは強い──本当に魔将なのかもしれない。だけど、ボクには『アレ』がある)


 切り札たるあの技を使えば、万に一つの勝機があるかもしれない。

 傷だらけの体で弱々しく立ち上がる。


「ぐっ……ぅぅ……」


 右足に激痛が走った。


 怒りやショックで痛みすら忘れていたが、先ほどの一撃で折れていたらしい。

 さすがに、これでは『切り札』を使うことができない。


(……おばちゃん、ごめん。仇を討つのはもう少し待って)


 強烈な怒気と殺意が心の中で荒れ狂っていても、現状を理解し、冷静に判断する力がサロメにはある。


(いずれ必ず。あいつはボクが……)


 サロメは心の中でうめく。


が、必ず殺す)


 強く噛みしめた唇の端から、赤い血の雫がしたたり落ちた。


    ※


護りの女神イルファリアの力の気配……どこだ……」


 六魔将ガイラスヴリムは何かを探すように辺りを見回していた。


 ──と、そのときだった。


 突然、前方の空に極彩色の光の柱が立ち上る。

 天空まで伸びた光は、翼を広げた天使を思わせる紋様を描き出した。


 護りを司る女神イルファリア。

 その姿を象徴するかのような、紋様を。


「見つけたぞ……そこか、神の力を持つ者……!」


 黒い魔族の武人が歩き出した。

 光の柱が立ち上る方角に向かって。


 体にまとった甲冑からパリッと小さな火花が散る。


 ……与えられた時間は、それほど多くはない。


 とはいえ、数日は持つだろう。

 焦るほどではない。


「待っていろ……このガイラスヴリムが貴様を打ち砕く……魔王陛下の命によって……」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます