7 「認めるわ」

 美しい虹のような色彩がきらめき、少年の全身を覆っている。


 その輝きの前に、ルカの斬撃はまったく通用しなかった。

 魔力エネルギーをも切り裂く剣、戦神竜覇剣フォルスグリードと因子によって引き上げた超人的な運動能力をもってしても──。


「こんなにも硬い防御は初めて見たわ」


 ルカは小さく息をついた。

 力技で彼の防御を切り裂くことは至難の業。


 先ほどの攻防から見て、おそらく防御魔法の持続時間は一分程度。


 だが、効果が切れて無防備になった瞬間を狙おうとしても、ハルトは直前に防御魔法を『攻撃を反射する』タイプを切り替え、ルカを吹き飛ばしてしまうだろう。

 そして、ふたたび間合いを詰める前に、次の防御魔法を発動する。


 しかも彼には疲労した様子さえない。

 これほど強力な防御呪文を、おそらくは常識外れの高速詠唱で連発しているというのに──。


 破壊することも、効果時間切れのタイムラグを狙うこともできない。

 これでは実質的に、無限に防御魔法を展開できるのと変わらない。


「手詰まりね。今のままでは」


 ルカがため息をついた。


 攻略できる可能性があるとすれば、ただ一つ──。


「解放して、あなたの力を」


 ルカは自らの愛剣に呼びかける。


 ヴン……と機械的な音が響き、剣が中央から二つに割れた。

 刀身も、柄も、半分の細さとなった二刀を、両手に一本ずつ構える。


「二刀流……!?」


 驚いたように目を見開くハルト。


戦神竜覇剣フォルスグリード光双瞬滅形態ライトニングフォーム。これが私の剣の本当の姿。所有者のスピードを7.7431倍にまで引き上げる特殊効果を付与する最終殲滅形態」


 がしゃん、と音を立てて、ルカはまとっていた鎧を外し、床に落とした。

 アンダーウェアだけになった肢体があらわになる。


 未成熟で控えめな胸の膨らみや腰のくびれは女性らしさを主張し、しなやかな体つきは鍛え抜かれた細身の剣を連想させた。


 全力のルカに、もはや鎧は必要ない。


「……本気モードってわけだ」


「私はいつでも本気。だけどこの技は特別」


 ルカは二本の剣を体の正面で交差するように構えた。


「最速最強の絶技、双竜咢グリードバイト──これを受けられたら、私はあなたを認めるわ」


 告げて、床を蹴る。

 一息に間合いを詰めていく。


「私を凌駕する強者だ、と」


 そして。


 今、決着のときが訪れる──。


    ※


 俺の視界から女騎士の姿が消えた。


 視認できないほどの速度で突進しているんだろう。


 絶技、双竜咢グリードバイト──。


 今までのどの剣よりもはるかに速く、そして強く。

 次の瞬間には、ルカの最強の斬撃が叩きつけられているはずだ。


 もちろん反応して防ぐことなんてできないけど、俺はまだ護りの障壁アーマーフェイズを展開したまま。


 がいんっ、と甲高い金属音が鳴り響いた。

 俺にはまったく見えないけど、ルカの斬撃が体のどこかに叩きつけられたのだ。


 だけど、無駄だな。


 俺はすでに護りの障壁アーマーフェイズを『受け止める』タイプではなく『弾き返す』タイプに切り替えている。

 さっきと同じく、ルカは自分の斬撃をそのまま浴びて吹き飛ばされる。

 ──否。


「見える──」


「何っ……!?」


 ルカのつぶやきと、俺の驚きの声が重なった。


 彼女は、今度は吹き飛ばされなかった。

 がいん、がいんっ、という斬撃が叩きつけられる音がまったく途切れない。


「どういうことだ──?」


 訝る俺にルカが告げる。


「簡単なこと。受け止めても吹き飛ばされるから、避けているだけ」


 避けているって、まさか……。


 俺の『弾き飛ばす』タイプの防壁は、相手の攻撃をその威力のままに跳ね返す。

 いくらルカが超一流の剣士とはいえ──いや超一流だからこそ、自分と同等の斬撃は受け切れずに吹き飛ばされてしまう。


 だから反射した斬撃を超反応で避け、近接した状態を保っているらしい。

 斬っては反射し、反射したものを避け、また斬る。


 ……言うのは簡単だけど、それを実行するには、一体どれほど超人的な反射神経と速力が必要なのか──。


 しかも、ルカの動きは一撃ごとに加速していく。

 それが証拠に、斬撃の際に生じる金属音は、その感覚がどんどん短くなっている。


 どこまでも速くなるその動きは、もはや視認できないというレベルですらなく──。


 俺の眼前にまばゆい輝きが生じた。


 光に、限りなく近づいたルカの動きの軌跡。

 人の限界などはるか彼方に置き去りにした、超々速の動き。


「そう、超絶の反応と亜光速の動きを併せ持つ剣技──それが、双竜咢グリードバイト


 攻撃をいくら反射しても、全部避けられてしまう。

 さっきみたいにルカを吹っ飛ばして、間合いを離すことができない。


 このまま効果時間が切れたら──。

 その瞬間に、今度こそ俺は斬られるだろう。


 ゾクリと背筋が粟立つ。


 このスキルを身に着けて以来、初めてかもしれない。

 いかなる攻撃も俺を傷つけられない──そんな絶対的な自信が揺らぐのは。


 見れば、前方で輝く天使の紋様が、明滅していた。

 そろそろスキルを発動してから一分が経つ。


 俺を包む防御が消え、無防備になる瞬間が訪れる。


 そのとき、ルカとの間合いを保っていなければ──俺の負けだ。


「決着のときね」


 動きは見えないまま、ルカの声だけが響いた。


 俺にルカの剣技は認識できない。

 認識したときは──すなわち、俺が斬られた後だ。


「やられる──」


 俺はぎりっと奥歯を噛みしめ、


「──わけないだろっ」


 刹那、一つの手段が閃いた。


 同時に、俺の眼前に浮かぶ天使の紋様が変化する。


 広がった翼の数は──全部で六枚。

 護りの障壁アーマーフェイズの二枚とも、不可侵領域バリアフェイズの四枚とも違う。


 そして、無数の銀光が弾けた。


「えっ……!?」


 ルカの、驚きの声。


 スキルの基本形態である護りの障壁アーマーフェイズにはいくつかの防御パターンがある。


 相手の攻撃を『受け止める』こと。

 ランダムな方向に『弾き飛ばす』こと。

 あるいは、威力を分散させて『吹き散らす』こともできる。


 俺は今、最後の防御パターンに特化させたスキルに切り替えたのだ。


 護りの障壁アーマーフェイズとも不可侵領域バリアフェイズとも違う、新たな形態。




 反響万華鏡カレイドスコープシフト




 単純に彼女に向かって反射するのではなく──。

 受けた攻撃を百にも、千にも、いや万にも分散し、全方位同時に放つ。


 いくらルカが超超速の反応と機動を誇ろうとも、あらゆる方向から同時に飛んでくる攻撃は避けられない。

 回避不可能──究極の返し技カウンターだ。


「きゃぁぁっ……!」


 悲鳴を上げながら、ルカは闘技室の壁に叩きつけられた。


 いくら威力を分散させているとはいえ、たぶん避けきれずに何発も──あるいは何十発、何百発と受けては、凌ぎきれなかったんだろう。


 なおもあふれた無数の反射斬撃エネルギーは荒れ狂い、結界をものともせず壁に大穴を開ける。


 きらめく光の柱となって、天空へと昇っていく。

 空に、極彩色の巨大な天使の紋様が描かれた。


 その美しさに一瞬見とれそうになり、すぐに意識を戦いへと戻す。


「くっ……」


 壁際でルカが弱々しく立ち上がった。


 俺はすぐさま新たな護りの障壁アーマーフェイズを展開する。


 また今の技で来たとしても、効果時間切れの直前に反響万華鏡カレイドスコープシフトに切り替えるだけだ。

 彼女を吹っ飛ばして、間合いを稼ぐ。


 もう一度ルカが距離を詰めるまでに護りの障壁アーマーフェイズを張り直せば、スキルの効果時間が切れる際のタイムラグを狙われることはない。


「……瞬時に切り替えられるなら、何度やっても結果は同じね」


 剣を構えたまま、動きを止めるルカ。


「ああ、お前の攻撃は封じた」


 言い放った俺に、ルカは小さくため息をついた。


「……いいえ、もう攻撃する必要はないわ」


 と、二本の剣をふたたび元の一本の状態に戻し、鞘に納める。

 かつ、かつ、とブーツの音を鳴らし、俺の元に歩み寄った。


「五分経過。私の剣はあなたの守りを破れなかった」


 言って、ルカは──。


「あなたの勝ちよ、ハルト・リーヴァ」


 初めて、俺に微笑みを見せてくれた。


 年相応の女の子らしい可憐な笑顔だった。


「私、ルカ・アバスタはあなたを類まれなる強者として認め、最上の敬意を払う──」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます