4 「護りの女神の紋章」

 アーチ状の門の前に、黒いローブ姿の魔族がたたずんでいた。


「感じるぞ……そこの建物に大量の人間がいる……」


 Dイーターが静かにつぶやく。


「俺の餌……これほど大量とは……」


 その声に明らかな喜悦の色が混じった。


「人間の持つ負の感情……恐怖、悲しみ、苦しみ、絶望……それらすべてが、我ら魔族の力の源……それらすべてを吸い上げ、我らはさらに力を増す……」


「……人間は、お前らの食いものじゃない」


 俺はぎりっと奥歯を噛みしめる。


「貴様は俺に対して恐怖ではなく、怒りと闘志を……感じているのか……それは魔族の糧にはならんな……」


 Dイーターがため息をついた。


 枯れ木を思わせる細い腕を突き出す。

 その手のひらに黒い何かがにじみ──、


 がおんっ!


 腹に響くような轟音とともに、巨大な鉄の門がひしゃげ、その一部が削り取られたように消失した。


「空間操作魔法による『圧縮』──ね」


 隣でリリスがつぶやく。

 すさまじい威力を目にして、その顔はわずかに青ざめていた。


「大丈夫だ、俺が防ぐから」


 俺はリリスをかばうように一歩前に出た。


「……我が力を見ても怯まんか。俺の食事を阻止しようということか……?」


「阻止? 違うな」


 俺は魔族をにらみつけた。


「倒すんだ。町の人たちに手出しできないように」


「ならば……貴様らを倒せば、俺はゆっくりと食事ができるわけだ……そこにいる人間どもを狩りつくして……な……」


 魔族がゆっくりと近づいてきた。

 無防備ともいえる歩調。


「攻撃できるものなら……してみるがいい、矮小なる人間よ……」


「舐めないでよね──」


 リリスが銀の杖をまっすぐに構えた。


 挑発的な魔族に対し、持ち前の勝気さに火がついたみたいだ。

 立ち上る魔力のオーラが、ツインテールにした黄金の髪をたなびかせる。


風王弾エアロショット!」


 渦を巻きながら進む風圧の弾丸は、しかし、


歪曲空間ディストーション


 魔族が右手を軽くかざすと、あさっての方向に弾かれていった。


「なら、これで──雷襲弾サンダーバレット!」


「無駄だ」


 続けてリリスが放った雷撃も、同じように弾かれた。

 上空高く跳ね上がった光球はそこで弾け、爆光の花を咲かせる。


「……普通に撃っても駄目みたいね。前方の空間を曲げて、魔法ごと弾かれてしまう」


 分析するリリス。


「竜を倒したあの魔法は使えないんだよな?」


「ええ、あれはマジックミサイルがないと、あたし単独の力では無理よ。マジックミサイルは貴重品だから、この間使ったとっておきの一発しか持ってないし……仮に撃てたとしても、空間ごと曲げられたら当たらないでしょうね」


 念のために確認した俺に、リリスが説明した。


「ただ、Dイーターは竜みたいな非常識な耐久力を備えているわけじゃない。当てることさえできれば、十分に倒せるはずよ」


「当てることさえできれば……か」


 俺はつぶやきながら、もう一歩前に出た。


「魔族の注意を俺が引きつける。リリスは隙を見て攻撃を頼む」


「ハルト……気を付けて」


「平気平気。俺は竜の攻撃を受けても傷一つ受けない男だからな」


 軽口めいた口調で言ったのは、心配そうなリリスを安心させるためだ。


 もちろん彼女だって、俺の防御能力の高さは理解しているだろう。

 それでも、いざとなると不安を抑えられないのかもしれない。


「あいつの攻撃は──全部、俺が止める!」


 威勢よく叫んで、俺は地を蹴った。

 まっすぐに突進する。


 基本的に魔法っていうのは、同時に二つは使えない。

 俺は事前のレクチャーでそう聞いていた。


 だから俺に対して攻撃している間は、さっきみたいに空間をねじ曲げる防御術は使えない。


「ひしゃげて潰れろ……人間……」


 Dイーターが俺に向かって手をかざす。

 細くねじくれた五本の指を鉤爪のように曲げ、グッと握るような仕草。


歪曲圧搾弾プレッシャーボム……」


 次の瞬間、視界がまるで蜃気楼のように歪んだ。


 ──いや、違う。

 歪んでいるのは俺の周囲の空間だ。


 さっきも見た、鋼鉄さえも圧潰させる『圧縮』の攻撃魔法。

 どれほど頑強な防具でも、強靭な肉体でも、空間ごと潰されたらどうにもならない。


 肉も骨も壊れ、ひしゃげ、ねじ曲がり──。

 無残な死を、迎えることだろう。


 だけど俺は避けない。

 まっすぐに走り続ける。


「ハルト!」


 悲痛に叫ぶリリス。


「自ら死ぬつもりか……?」


 訝る魔族を見据え、さらに加速する。


 スキル発動──。

 念じるのと同時に、眼前で極彩色の光があふれた。


 天使を思わせる紋様が浮かび上がる。

 空間が歪曲していることを示す蜃気楼のような揺らぎは、その輝きに触れた途端、あっさりと霧散した。


 もちろん、俺はノーダメージだ。


「……何!?」


 魔族がますます訝る。


「偶然、避けたか……? ならばもう一度──」


 さっきと同じ呪文が俺を襲った。


 空間が歪み、俺を押し潰そうと圧力をかけ──、


 スキル発動、二回目。

 弾けた極彩色の輝きが、圧縮を完全に無効化する。


「馬鹿な……!?」


 魔族がうろたえたように後ずさった。


「魔法ではない……なんだ、貴様のその力は──」


 俺は最高速まで加速する。


「お、おのれ……っ!」


 なおも圧縮を連発する魔族。

 どうやら攻撃のバリエーションはこれしかないらしい。


 そもそも、本来なら防御不可能の魔法だ。

 これ一つあれば、他の小技は不要ってことだろう。


 だけど、俺には通じない。

 傷一つ与えることはできない。


 断続的に放たれる圧縮を、その都度スキルを発動して無効化する。

 俺はトップスピードのまま駆け続け、三メティルほどの距離まで迫った。


 あと一歩、二歩。

 それで手を伸ばせば届きそうなくらいに──。


「な、ならば──全開魔力の圧縮でぇぇぇぇっ!」


 魔族が絶叫とともに両手を突き出した。

 もはやパニック状態に近いんだろう。


 前方が蜃気楼のように揺らぐ──だけじゃなく、薄紫色の何かが広がり始める。


 今までとは違う現象だ。

 言葉通り、魔力を全開にした圧縮攻撃を放とうというのか。


 おそらくその威力も、今まで以上──。


「消えろ!」


 俺は叫ぶ。


 半ば無意識に。

 半ば本能的に。


 言葉にすることで、俺の意志はより明確になり、スキルの効力がより強く顕現する──俺はそれを悟っていたのかもしれない。


 前方に浮かび上がった極彩色の輝きは、今までよりもはるかにまばゆく、強烈な光量で周囲を照らし出した。


「なんだ……!?」


 俺は驚きに目を見開いた。


 紋様の形がいつもと違う。

 翼を広げた天使を思わせるデザインは同じだけど、翼の数がいつもの二枚じゃなく四枚になっていた。


「まさか、それは──」


 魔族が驚愕の声を上げる。


護りの女神の紋章イルファリア・クレスト!? なぜ人間ごときが神の力を……!?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます