6 「じゃあ、ちょっと行ってくる」

「ハルトが冒険者になってくれたら嬉しい。あたしたちみたいなBランクじゃなく、それこそSランク並みの活躍ができると思うの」


 リリスの目は真剣だった。


「だから──今すぐにとは言わないけど、考えてみて。あなたならきっと多くの人を救う力になれるよ。絶対」


 生まれてこの方、他人からここまで強く期待されたのって初めてかもしれない。

 いや、そもそも『誰かから期待される』って状況自体が初めてかも。


 なんだか胸の内がくすぐったくて、甘酸っぱくて──。

 嬉しいもんだ。


「あ、ごめんなさい。あたしの気持ちばっかり言って。ハルトにはハルトの事情があるよね」


「いや、謝らないでもいいよ。誘ってくれたのは嬉しいし」


 今まで将来の目標とか夢なんて、あまり考えたことがなかった。

 ただ漠然と周りと同じように学校を出て、適当なところで働くんだと思っていた。


 だけど今、冒険者になるっていう明確な目標が目の前にある。

 そこに進むのも、あるいは退くのも──俺の意志一つ。


「とりあえずは、町長さんのところへ報告に行きませんか~?」


 と、アリスがほんわかした調子で提案した。


「そうね。魔獣からの避難勧告も解除してもらわないとね」


 うなずくリリス。


「ハルトも一緒に来てくれる? 竜を倒せたのはあなたのおかげだし」


「ああ、俺は……いや、とりあえず家に戻るよ。親とか近所の人たちが心配だし」


 竜が町に入ってくるまでにかなりの時間があったうえに、戦いの場所は俺の家からだいぶ離れている。

 まず大丈夫だとは思うけど、やっぱり無事を確認しておきたい。


「確かにそうね。あ、そうだ、明日の朝七時にここで待ち合わせしない? 一緒にギルドまで来てほしいの」


 と、リリス。


 冒険者ギルドってやつか。

 名前の通り、世界中の冒険者たちを管轄する組織らしいけど、詳しいことは知らない。


「魔獣を退治すると多額の報酬が出るから、ハルトにも受け取ってほしい」


「えっ、報償? そんなのもらえるのか」


「相手は最強クラスの竜ですから~。かなりの大金になると思います」


 今度はアリスが微笑んだ。


「どれくらいもらえるんだ?」


「一般の家庭が十数年は遊んで暮らせるくらいですね」


「そんなにもらえるのかよ!?」


 俺は思わず声を上げた。


「あなたの働きが大きかったし、取り分はあなたが決めて」


「取り分って言われても……三人いるんだし三等分でいいんじゃないか?」


 言ってから、気づく。


「でも、倒したのはリリスだしな。俺はもっと少ない方がいいか」


「何言ってるのよ! ハルトがいなければ、そもそも攻撃することすらできなかったんだから。あなたがもっともらっていいのよ」


 リリスが驚いたような顔をした。


「いや、なんか気が引けるし」


 考えてみれば、俺は竜の攻撃を食らい続けてただけだしな。


「欲のない人ね……」


「公平に判断しただけのつもりだぞ」


「ふふ、そういう人にこそ冒険者をやってもらいたいな」


 リリスは嬉しそうな顔をした。


「じゃあ、一緒に来てもらってもいい? どうしても都合がつかなければ、あたしたちがいったん報酬を受け取ってから、あらためて渡しに来るけど」


「……いや、俺も行くよ」


 それは、半ば衝動的な言葉だった。


「どうせなら一度ギルドってところを見てみたい」


 冒険者たちの組織や、冒険者って存在を──俺はもっと知ってみたい。

 そんな思いが強く芽生えてきたんだ。




 ──その後、俺は自宅に戻った。


 幸い、家族や近所の人たちは全員無事だった。

 俺が竜退治のことを話すと、両親も最初は冗談だと思ったらしいけど、竜の鱗(別れ際にリリスから渡された)を一枚見せると、顔色が変わった。


 さらに、報酬として大金がもらえるということを話すと、たちまちニコニコ顔に。

 現金なもんだ。


 まあ家計は楽とはいえないから、報酬はその足しにするか。


 ついでに、親に何か贈ったほうがいいんだろうか。

 いちおう、これが俺の初めての稼ぎだし。


 ただ、いざとなると照れくさいな……後で考えよう。

 とりあえず、余った金は俺の取り分としてもらうことにする。


 で、学校にも連絡して、明日は冒険者ギルドに行かせてもらえることになった。


 ──そして、翌朝。


「じゃあ、ちょっと行ってくる」


 両親に告げて、俺は家を出た。


 待ち合わせをしていたリリスやアリスと合流し、冒険者ギルドの支部があるというエギルシティまで出発。

 彼女たちがすでに準備していた魔導馬車で街道を進み、三時間ほどで到着した。




 冒険者ギルドとは文字通り冒険者たちの互助組織だ。

 これに加入することで、さまざまな仕事を紹介してもらえるのだという。


 もともとは冒険者本来の仕事──要は何でも屋だ──を斡旋する組織だった。

 だけど魔獣の脅威が本格化した今では、国際的な魔獣対策本部のような役割を担っているのが現状だ。


 魔獣が現れる地域に、それに対処できるだけの実力を持つ冒険者を派遣する組織。

 中央大陸で権勢を誇る三大国でさえ、無下にはできない強大な組織。


 それが、冒険者ギルド。


 ……なんてことを教えてもらいながら、俺はリリスやアリスと一緒にエギルシティに入った。


 町の中央区にあるギルド支部の建物まで行く。


「ここが支部か……めちゃくちゃでかいな」


 館──というよりは城に近い巨大な建物を見上げて、ため息をつく俺。

 冒険者ギルドの権勢を表わしているかのような威容だ。


「あたしたちは竜退治の報告と報酬受領のための手続きがあるから。ハルトは少し待っていて。報酬を受け取るときには、一緒に行きましょ」


 そう言って、リリスとアリスは館に入っていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます