4 「穿て、雷神の槍」

「ち、ちょっと待って! 冒険者でもないあなたに、そんな危険な真似をさせるわけには──」


 背後の声を無視して、俺は走った。


「頼むぞ、リリス!」


 今は説明している場合じゃない。


「こっちだ!」


 大声で叫びながら、竜の足元まで駆けていく。


 緊張で、心臓の音が異様なほど高鳴っていた。


 どくん、どくん──どくんっ!

 痛いくらいの鼓動が耳元まで響く。


 がるる……とうなり声を上げて、竜が俺に視線を向けた。


 紅蓮の炎を思わせる真紅の瞳。

 鋭角的なフォルムをした漆黒の体躯。


 恐ろしくも美しい姿をした竜だった。


 あらためて、思う。

 とても人間が立ち向かえる相手じゃない、って。


 目が合っただけで失神しそうなほどの威圧感。

 そして、根源的な恐怖感。


 それでも──俺ならやれる!


 無理やり気持ちをポジティブに持っていく。

 燃えたつ気持ちのままに、とにかく一直線に走った。


 竜との距離が十メティル(約十メートル)ほどにまで迫った。

 巨大な竜からすれば、もはや目と鼻の先。


 俺をうるさい羽虫だとでも思ったのか、竜が不快げに体を揺らす。

 ゴミでも払いのけるように、尾の一撃を繰り出してきた。


「くっ……!」


 猛スピードで迫る尾は、そのすさまじい質量自体が凶悪な破壊力を備えている。


 直撃すれば絶対死ぬ……!


 刹那、俺の眼前で極彩色の光が弾けた。


 翼を広げた天使を思わせる紋様。

 その天使を中心に俺の周囲をドーム状の輝きが覆う。


 竜の尾はそのドームに触れると、


 がいんっ!


 耳が痛くなるような強烈な音響とともに、弾き返された。


 衝撃波が吹き荒れ、俺は両足を踏ん張って耐えた。


 俺自身には傷一つない。

 ダメージは、まったくない。


「嘘……」


 背後で、リリスとアリスが呆然とつぶやく声が聞こえた。


 ……まあ、驚くよな。


「やっぱりダメージなしだ。よかった」


 ちなみに、服にも裂け目一つない。


 どうやら俺の『ダメージを受けないスキル』は生身の体だけじゃなく、身に着けている衣服にまで作用しているらしかった。

 服がボロボロになるのは勘弁願いたいところだったから、これはありがたい。


「リリス、アリス。マジックミサイルの準備を!」


 叫ぶ俺。


「──魔力チャージに三分かかるの。無理はしないでね」


 ようやく驚きから立ち戻ったのか、リリスが凛とした声で応える。


「いくよ、姉さん。あたしたちで竜を倒す」


「ですぅ。あの、あなたもお気をつけて……」


 と、俺を気遣う美少女姉妹。


 俺は背中を向けたまま、軽く片手を上げてみせた。


 同時に、背後から呪文の詠唱が聞こえてきた。

 きっとマジックミサイルの起動儀式を行っているんだろう。


 リリスとアリス、姉妹が同時に唱える呪文はまるで美しい音楽の旋律のようだ。

 こんな状況じゃなかったら、いつまででも聞き惚れていただろう。


 だけど今は、俺も自分の役目を果たさなきゃいけない。

 魅惑的な歌声に似た二人の呪文から意識を離し、俺は竜を見据えた。


 よし、引き続き奴の気を引きつけるぞ。

 さっきまではあんなに威圧感たっぷりだった黒竜に、今は落ち着いた気持ちで対峙できた。


 こいつの攻撃は、俺にダメージを与えられない。

 その実感が、安心感を与えてくれていた。


「ほら、こっちだ!」


 俺は竜の横に回りこむような動きで、さらなる攻撃を誘う。


「もっと強烈な一撃で来い。俺を殺せるくらいの、な!」


 竜は挑発されたことを感じ取ったらしく、怒りの雄たけびを上げた。

 巨大な足で俺を踏みつぶそうとする。


 すかさずスキル発動。

 俺の意志に応じて、さっきみたいに天使の紋様が現れ、竜の攻撃を跳ね返す。


 当然、ぺしゃんこに圧殺されることもなく、俺は無事だ。


 続いて、黒炎のドラゴンブレス。


 これもスキルを発動して弾き返す。

 焦げ目一つなく、俺は無事。


 さらに爪が、牙が、立て続けに繰り出される。

 それらをことごとくスキルで防ぐ俺。


 すごい、いくら食らってもノーダメージだ。


 しかも、これで十回ほどスキルを使ったが、特に回数制限はなさそうな感じだ。

 まだまだ何度でもスキルを発動できそうだ、と感覚で分かる。


 もっとも、これ以上俺がスキルを使う必要はなさそうだった。


「──そろそろ頃合いだな」


 にやりと口の端を吊り上げ、笑う。


 俺は自分自身と竜の位置関係を確認した。

 ちらりと背後に目をやると、リリスがうなずいた。


 どうやら準備は終わったらしい。


「撃てっ!」


 合図を送り、同時に横っ飛びで射線を開ける俺。


「天空の城より降臨せよ。祖は九天の雷撃を司りし者。十字の翼、至尊の冠、閃光の衣。従えしは三十七の聖天使」


 リリスの呪文が朗々と響いた。

 金色のツインテールや黒いマントが風にはためく。


 右手に構えているのは、芸術品のような装飾がされた銀色の杖。

 その先端には巨大な矢じりに似た真紅のパーツが取りつけられていた。


 マジックミサイル。

 通常級魔法コモンスペル超級魔法レアスペルの威力にまで引き上げるというアイテム。


 強い魔力の高まりを感じたのか、竜がわずかに後ずさる。

 だけど、一瞬遅かった。


穿うがて、雷神の槍──烈皇雷撃破ライトニングストライク!」


 リリスの呪文が今、完成する。


 俺の視界をまばゆい閃光が埋めた。


 天空から降り注ぐ稲妻が、さながら黄金の槍のように黒竜を撃ちすえる。

 絶大な防御力を備えた竜鱗をものともせず、雷撃呪文が竜の体を貫いた。


 グガ……ァァァ……ァァ……ァ……ッ!


 小さな苦鳴を上げて、巨体がゆっくりとかしぐ。

 地響きとともに竜は倒れ伏した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます