2 「本当に不死身なんだ」

 女神さまからもらった『絶対にダメージを受けないスキル』。


 白昼夢なんかじゃなく、俺は本当にそんなスキルを身に着けたんだろうか。

 それなら、相手が最強の魔獣──竜であっても、ダメージを受けないなら対処のしようはあるかもしれない。


 攻撃能力には関係しないスキルだろうから、直接攻撃で倒すってわけにはいかないだろうな。

 たとえば、竜の攻撃をスキルで無効化しつつ、誰もいない場所まで誘導するとか?


 うーん、とりあえず現場に行ってみよう。


 ここは俺が生まれ育った町だし、愛着もある。

 魔獣に壊されてしまうのは、嫌だ。


 ──というわけで、俺は城壁までやって来た。


 竜の爪や尻尾を何度も食らい、城壁は亀裂だらけのボロボロだった。

 そろそろ穴が空きそうだ。


「あれ……? 人がいる──」


 二人組の女の子が、竜と対峙しているのを発見する。


 もしかしたら、町を守るためにやって来た冒険者だろうか。

 そういえば、逃げる人たちが、町長がギルドに連絡を取るって会話をしていたような気がする。


 二人は、どっちも俺と同じ年ごろみたいだ。

 金髪をツインテールにした勝気そうな女の子と、銀髪をショートボブにした温和そうな女の子。


 二人とも息を呑むような美少女だった。

 学校のクラスメイトとはレベルが違う。

 っていうか、実際に息が詰まった。


 か、可愛い──。

 俺の目は完全に釘づけだった。


 ──なんて見とれていたら、


「……ん?」


 ふいに、周囲の温度が爆発的に上がった。


 熱気がチリチリと肌を焼く。


 嫌な予感がする。

 振り仰ぐと、城壁の上から竜が顔を出し、俺たちを見下ろしていた。


 耳まで裂けた口を開いている。

 なんか、口の中が赤く光ってるんだけど……。


「おい、ちょっ──」


 赤い光は収束し、真っ黒な色合いに変わり──。

 黒い炎の塊となって吐き出される!


「っ……!」


 悲鳴を上げる暇すらなかった。

 竜の黒炎が城壁を直撃し、爆光とともに大穴を開けた。

 穴から侵入した火炎は、そのまま周囲一帯を舐めつくし、焼き払う。


 さっきの女の子たちもその炎に飲みこまれた。

 そして俺も──。


「うわぁぁぁぁぁぁぁっ……!」


 漆黒の炎に直撃される。


 馬車に撥ねられて、もう一度生きるチャンスをもらって──。

 結局、また死ぬのか、俺!?


 ──いや、違う。


 ふたたび奇妙なまでの自信が湧きあがった。


 俺は誰にも傷つけられない。

 俺を誰も傷つけられない。


 この世のどんな攻撃であろうとも。

 この世のどんな事象であろうとも。


 自信は揺るぎない確信となり──。

 その確信は強烈な意志とともに、『力』を発動させる。




 俺の眼前に輝く何かが浮かび上がった。




 翼を広げた天使を思わせる、紋様。


 極彩色に輝くそれが周囲に広がる。

 がいんっ、という妙な金属音が響いたかと思うと、漆黒の炎を弾き返す。


「……なんとも、ない」


 俺は無事だった。


 火傷一つしていない。

 服も焦げ目一つついていない。


 たまたま炎が外れた、とかではない。

 そもそも外れるようなレベルの話ではない。


 なにせ周囲は、石造りの家も、道も、完全に消し炭と化している。

 炎は間違いなく俺を直撃したんだ。


 だけど、さっきの謎の光がそれを弾いてくれた──らしい。


 幻覚でも見間違いでもない。

 これは、俺の力だ。

 そう確信する。


「すごい……本当に『絶対にダメージを受けないスキル』をもらったんだ」


 他に説明しようがない。


 いや、『絶対に』と判断するのはまだ早いか。

 少なくともドラゴンブレスを受けてもダメージを受けない防御力、ってことだ。


 もっとも、この世界で最強クラスの竜のブレスを防げるんだから、これはもう相当なものである。

 本当に俺のスキルが絶対不可侵であったとしてもおかしくない。


 よし、これならやれるかもしれない──。

 勇気が湧いてきた。


「まだ逃げ遅れた人がいたのね」


 背後から声がした。


 振り返ると、さっきの女の子たちが駆け寄ってくる。

 炎に飲みこまれたように見えたけど、どうやら無事だったらしい。


 ホッと安堵する。


「大丈夫なの? ドラゴンブレスに巻き込まれなかった?」


「ああ、なんとか」


 言って、俺はあらためて二人を見た。


 間近で見ると、やっぱりめちゃくちゃ可愛い。

 しかも顔立ちがどことなく似ている。

 たぶん姉妹なんだろう。


 二人とも体にぴったり張り付くような黒い衣装にスカート、その上から黒いローブを羽織った黒ずくめの姿だった。

 ちなみに二人そろって巨乳だ。ごくり。


「そっちこそ、よく無事だったな。直撃コースだったんじゃないのか?」


 実際、二人はドラゴンの正面にいた。

 炎のブレスに飲みこまれるところを見たんだけど──。


「アリス姉さんが氷魔法でガードしたからね」


 こともなげに言う金髪ツインテールの女の子。


「私は防御担当ですから~。ちなみに攻撃の担当はリリスちゃんなんですぅ」


 と、こちらは銀髪ショートボブの女の子。

 どうやら金髪のほうがリリスで、銀髪はアリスという名前らしい。


「早く逃げて。あいつはあたしたちが仕留めるから」


「仕留めるって……」


「あ、Bランクだからって馬鹿にしてるでしょ! 確かに竜と戦えるランクじゃないかもしれないけど──しょうがないじゃない。手の空いてる冒険者があたしたちしかいなかったんだから」


「たとえ力及ばずとも町の人たちを守るための力になりたいんです~」


 リリスとアリスがそれぞれの決意を告げる。


 ちなみに冒険者にはランクがあって、最上級のSが一番強く、最下級のEまで六段階に分かれている。

 最強の魔獣である竜と戦えるのは、確かSランクだけだって聞いたことがある。


 つまり二人には手に余る、はるか格上の相手ってわけだ。


「だからあなたは逃げて。もうすぐ城壁が破られる──そうなれば、竜は町一帯を破壊し尽くすはずよ」


 リリスが告げる。


「逃げる?」


 違う。

 俺は町を守るんだ。


 このスキルを使って、どうにかして──。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます