絶対にダメージを受けないスキルをもらったので、冒険者として無双してみる

作者 六志麻あさ

1話目から読む

ユーザー登録をしよう!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

目次

連載中 全83話

更新

  1. 第1章 不可侵のハルト
  2. 1 「絶対にダメージを受けないスキルを与えましょう」
  3. 2 「本当に不死身なんだ」
  4. 3 「ここは俺が」
  5. 4 「穿て、雷神の槍」
  6. 5 「魔王への切り札にさえ」
  7. 6 「じゃあ、ちょっと行ってくる」
  8. 7 「取り消せ」
  9. 8 「答えを出すよ」
  10. 9 「終わりの、始まりの刻だ」
  11. 第2章 進むべき道
  12. 1 「また会えたね」
  13. 2 「俺にできることをしたいから」
  14. 3 「迎え撃つぞ」
  15. 4 「護りの女神の紋章」
  16. 5 「いずれ世界に波乱を呼ぶ存在に」
  17. 6 「十分に誇れることをしたのよ」
  18. 7 「来たるべき神と魔の大戦の」
  19. 第3章 冒険者ギルド
  20. 1 「大丈夫だよ」
  21. 2 「憧れます」
  22. 3 「審査開始といこうか」
  23. 4 「ランクSの冒険者だ」
  24. 5 「誇りにかけて」
  25. 6 「全開で」
  26. 7 「認めるわ」
  27. 8 「我が剣はすべてを打ち砕く」
  28. 第4章 六魔将ガイラスヴリム
  29. 1 「国家存亡の危機ですな」
  30. 2 「これが選抜チームよ」
  31. 3 「貴様が強者であることを願う」
  32. 4 「最大戦速」
  33. 5 「ケタ違いの敵だからこそ」
  34. 6 「足りない」
  35. 7 「こいつを食い止める」
  36. 8 「不覚だ」
  37. 9 「頼む」
  38. 10 「やがて不可侵の存在へと」
  39. 11 「ようこそ」
  40. 第5章 冒険者生活の始まり
  41. 1 「百年ぶりですわね」
  42. 2 「初仕事か」
  43. 3 「将来有望ね」
  44. 4 「監視しておけ」
  45. 5 「ハルトに気があるのでしょう?」
  46. 6 「ランクアップのお祝いを」
  47. 7 「至高なる神の紋章」
  48. 8 「『同種』なのか」
  49. 9 「僕らだけの王国を」
  50. 第6章 守護者VS殺戮者
  51. 1 「遠からず出会うでしょう」
  52. 2 「見つけましたわ」
  53. 3 「具象決殺」
  54. 4 「お前も」
  55. 5 「ただ殺すのが」
  56. 6 「狙ってこい」
  57. 7 「信じて」
  58. 8 「神のスキルは共鳴している」
  59. 9 「届け」
  60. 10 「お礼、だから」
  61. 第7章 成長するスキル
  62. 1 「強くなってるな」
  63. 2 「私が認めた人だから」
  64. 3 「大切な人だと」
  65. 4 「打ち破ってみせましょう」
  66. 5 「封じさせてもらった」
  67. 6 「心の『核』です」
  68. 7 「ハルトと一緒にいると」
  69. 8 「ずっと続けばいいんだけどな」
  70. 9 「さらなる段階へ」
  71. 第8章 六魔将ディアルヴァ
  72. 1 「空が」
  73. 2 「我が分身たる竜牙獣」
  74. 3 「まるでランクS以上の」
  75. 4 「次の柱へ」
  76. 5 「そして僕はすべての世界に君臨する」
  77. 6 「心配ない」
  78. 7 「すべての呪と虚無を統べる者」
  79. 8 「運命の女神の鐘が鳴る」
  80. 9 「成長したんだよ」
  81. 10 「倒すしかない」
  82. 11 「一度だけの」
  83. 第9章 守護者VS運命操作
  84. 1 「作戦終了だな」
  85. 2 「君たちの運命を」
  86. 3 「これは神の遊戯」
  87. 4 「運命に選ばれるのは──」
  88. 5 「『視えて』いるよ」
  89. 6 「最古にして最強の存在」
  90. 7 「生き残るために」
  91. 8 「禁じる」
  92. 9 「会得できた」

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!