蝉男

余談なれど、お魚のお店の新鮮戦士の蝉男の中さ、オドレなんだよ。


(よだんなれどおさかなのおみせのしんせんせんしのせみおのなかさおどれなんだよ)


【大意】余談だが、お魚のお店の新鮮戦士「蝉男」の中に入るのはお前なんだよ。


【解説】作者は菅原文太の声をイメージしているという。「おどれ」は広島地方の方言で「お前。貴様。汝」の意。魚屋の販売促進用のキャラクター(ぬいぐるみ)に入るのが「まさか、自分であったとは!」と、盲点を突かれた驚きを疑似体験できる作品である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます