輝く!カクヨムロボット大賞!〜2017〜

作者 村雲唯円

ロボ好きとは一つの性癖である(アーダルト・ドエロスキー)

  • ★★★ Excellent!!!

「性癖は優劣を決めるものではない。
 このロボット大賞の趣旨も同じである。賞に選ばれる選ばれないなど、些細なこと。
 肝っ玉の小さいことを言うのは野暮なのだ。自ら心の粗チンを自慢してどうする。どうせ自慢するなら心に宿るロボ好きという巨根にすべきだ。
 さあ今こそ、ロボをどう弄り、どう見せるかという性癖を見せつける時!
 いわば、好きな者が好きなものを見せ合う露出プレイ祭りの始まりである!
 参加者は全裸となり、その自分の性癖をより多くの人に見てもらうがいいだろう。
 読者は、欲望の赴くままに自分に合う性癖で興奮するがいいだろう。
 ステージはここに用意されたのだから……」

アーダルト・ドエロスキー


※訳:芳賀概夢(なお、芳賀概夢は本大賞に参加いたしません)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

芳賀 概夢さんの他のおすすめレビュー 286