輝く!カクヨムロボット大賞!〜2017〜

作者 村雲唯円

64

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

 ロボット大賞、それは言ってみれば「フェス」です…ロックフェスみたいなものです。そして、自分が書かせて頂いてるスーパー◇ボット大戦「」と同じで「お祭り」なんですよね。祭りとは、非日常での発散であり、関わる全てへの感謝を皆で共有することが多いです。自分も今、再びこの企画が動き出してくれたことに謝意を禁じ得ぬばかりか全裸ブリッジです。さあ、みんなで参加して読みまくろう!新しい発見と感動が待っている…いざ!

★★★ Excellent!!!

――

「性癖は優劣を決めるものではない。
 このロボット大賞の趣旨も同じである。賞に選ばれる選ばれないなど、些細なこと。
 肝っ玉の小さいことを言うのは野暮なのだ。自ら心の粗チンを自慢してどうする。どうせ自慢するなら心に宿るロボ好きという巨根にすべきだ。
 さあ今こそ、ロボをどう弄り、どう見せるかという性癖を見せつける時!
 いわば、好きな者が好きなものを見せ合う露出プレイ祭りの始まりである!
 参加者は全裸となり、その自分の性癖をより多くの人に見てもらうがいいだろう。
 読者は、欲望の赴くままに自分に合う性癖で興奮するがいいだろう。
 ステージはここに用意されたのだから……」

アーダルト・ドエロスキー


※訳:芳賀概夢(なお、芳賀概夢は本大賞に参加いたしません)

★★★ Excellent!!!

――

 昨年に続いて、今年もやるのかロボット大賞!
 好きな作品を持ち寄って、投票して、盛り上がる。ただそれだけの為に集うカクヨムロボ作品たちは、きっと皆熱きハート……もとい、動力炉を搭載しているのでしょう。
 2017年度最強のカクヨムロボノベルは一体何なのか、ワイワイ盛り上がって行けるユーザー企画がここに始動です!