一日三〇分間、異世界で活躍しています

作者 久遠未季