それはきっと、ブロッサム・ブルー

作者 暮月 灰奏

11

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とてもきれいに纏め上げられた物語です。
彼の「少し斜めに傾く立ち姿」が、頭の中に浮かび上がり、駆け寄りたい衝動を抑え込むその様まで、切なく綺麗に届きます。
伸ばせない手の先に抱え込む感情は苦しいはずなのに、どうしてだろう。
読後には、ほうっとやわらかな息を吐きたくなりました。