廃世界の君と約束を

作者 千鳥すいほ

41

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

はじめまして、錬金術師志望のニートです。

私は異世界で転職するために、小説投稿サイト(たとえばカクヨム)でいろんな異世界小説を読んでいます。
もし、無事に異世界転移・転生したら、現地では変わり者しか手を出さない錬金術を習得して、現世で学んだ「異世界で成功するための七つの習慣」を駆使し、法的にグレーな範囲で夢とロマンにあふれた物語を紡いでまいる所存です。

本作『廃世界の君と約束を』は、そんな私の野望を実現したような展開で幕を上げます。

滅びゆく世界で天才宮廷召喚士のショタジジイとなって、現代日本から女子高生の魂を召喚し、自爆機能を備えたゴーレムに入れて動かしてみる。
そして、さまざまな異世界迷宮を探索……はせずに、異能バトルの舞台にして、国家の威信と生存を賭けて女子高生入りのゴーレムを自爆させたりします。

設定こそ我々錬金術師(志望のニート)が憧れる要素に満ちていますが、バトルシーンは練りに練られています。
「おっ、パワーこそ力か!?」と前のめりになりながら読み進めていくと、各キャラクターのクレバーな戦略や判断に弄され、手に汗握り、先の見えない勝負の展開に読み手まで熱くなります。

ひょっとすると、「いまどきゴーレムとかだせぇ」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
でも大丈夫です。物語が進むにつれて、女子高生の魂はより美しく洗練された身体に宿ることになります。
どんな迷宮で、どんなルールで、どんな幻想的な魂の乗りものが登場するのか注目して読み進めるのも、本作の楽しみ方のひとつです。


以上、「知性あふれる熱い異世界バトル小説」として推させていただきましたが、それだけでは本作の魅力を伝えるのに不十分です。
作品の紹介文でもほとんど触れられていませんが、本作は――少なくとも1章は、「異世界転移した人間が現代日本に残してきた家族」の物語でもあります。
そしてその根… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

異世界に行ったまま戻ってこないお兄さんを連れ戻すjk井上愛理のお話なのですが……。

彼女の一人称は「俺」で、召還された姿は「ゴーレム」。

突飛な設定に惹かれて読み進めたのですが……。

戦闘シーンは圧巻。
召喚したキールとのやりとりはバディ物としても読み応えあり。
キャラクター同士の会話には、コメディ要素もあり、大変面白い。

お勧めです(*´﹀`*)

★★★ Excellent!!!

主人公の愛理がゴーレムとして熱いバトルを展開します。
個人的にはもう少し、愛理が女であるという描写を入れると、より「俺」と言う一人称が際立って燃えるなあ、なんて思いましたが、ショタジジイにパワードスーツなど他の見どころも魅力的です。
戦闘シーンがとにかく楽しい!
続きが楽しみです。