蘇芳の桜:桜桃の行方

作者 秋里桔梗

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

目次

連載中 全117話

更新

  1. 蘇芳色の記憶
  2. 砂時計を返すまで
  3. 「パンドラの懺悔」
  4. 「エピメテウスの手記」
  5. 「プロメテウスの憂鬱」
  6. 桜桃の行方
  7. 序章 夕凪の雨
  8. 六月二十三日 午後八時半 通知
  9. 六月二十七日 午前十一時 骨壷
  10. 神懸かりの女
  11. こわれもの
  12. 六月二十八日 正午前
  13. 六月二十八日 午後
  14. 即納品:六月二十九日午前・急行便
  15. 第一章 真夏に降る雪
  16. 悪夢の幕開け
  17. 羅刹の根城
  18. 悪魔の誘い
  19. 羅刹女の嘘
  20. 隠れぬ鬼
  21. 見えざる悪魔
  22. 阿修羅の業
  23. 第二章 夏至の山茶花
  24. 奔放な案内人
  25. 小さな気懸り
  26. 少しの出来心
  27. 些細な不注意
  28. 微かな兆候
  29. 瑣末で重大な事
  30. 紙一重の劇薬
  31. 第三章 冬至の紫陽花
  32. 陽は朝靄に消ゆる
  33. 辛辣な棘
  34. 危うい知恵
  35. 伏魔殿の入り口
  36. 茂みの毒蛇
  37. 諸刃の剣
  38. 第四章 真冬の向日葵
  39. 夢から現へ
  40. 夢の様な現
  41. 幻の灯台
  42. 水面の雲をつかむ
  43. 現と夢の辻
  44. 夢幻の化身
  45. 第五章 青嵐に舞う風花
  46. 二度目の夢
  47. 梅雨の日差し
  48. 積乱雲の始まり
  49. 第六章 卯月の柘榴
  50. 水底の刀
  51. 真紅の氷雨
  52. 濡れた紅花
  53. 紫苑の花束
  54. 朱に染まる藍
  55. 朱は藍より出でる
  56. 李と杏
  57. 朱と紅
  58. 海に還る珊瑚
  59. 第七章 木枯らしに舞う若葉
  60. 薄暮の空
  61. 秋雨の鬱憤
  62. 風に舞う綿毛
  63. 憂いの靄
  64. 月の無い夜
  65. 花籠の蓮華
  66. 雲の棚引き
  67. 若葉の葉音
  68. 幕間 中間報告
  69. 報告:中間報告書(あらすじ)
  70. 付録:職員一覧(登場人物紹介)
  71. 資料:用語集
  72. 第八章 春の台風
  73. 梅落しの雨垂れ
  74. 無風の揺らぎ
  75. 雷雲の到来
  76. 雷雨と暴風
  77. 陣風の一撃
  78. 落雷の激震
  79. 濁流の流れ木
  80. 嵐の中休み
  81. 嵐の去る風
  82. 束の間の陽差し
  83. 第九章 残暑の南天
  84. 雨上がりの霧
  85. 白妙の袂
  86. 泥濘の蛞蝓
  87. 蝸牛の慕情
  88. 川の濁り
  89. 夕虹の輝き
  90. 第十章 十五夜の桜桃
  91. 第二幕の開演
  92. 水の中の翅
  93. 真夜中の浮草
  94. 朝靄と蜉蝣
  95. 雪の下の真珠
  96. 草原の翡翠
  97. 雪原の水晶
  98. 第十一章 五月雨の氷柱
  99. 梅雨空の花
  100. 真夜中の雀
  101. 小夜鳴鳥の号令
  102. 郭公の嘘
  103. 不如帰の諍い
  104. 白い鴉
  105. 蝙蝠の棺
  106. 白鷺の一声
  107. 隼と鷲
  108. 第十二章 梅雨の逃げ水
  109. 鳥籠の番人
  110. 矛を持った盾
  111. 毒空木の冷笑
  112. 琥珀色の乳香
  113. 青い梅の香り
  114. 虻虫の呪詛
  115. 弟切草の遺産
  116. 阿片と曼荼羅華
  117. 蓮の開花
  118. 真冬の燕
  119. 第十三章 夜更けの陽炎
  120. 灰色の猫
  121. 白猫と牛乳
  122. 咥えられた仔猫
  123. 毒餌撒き
  124. 猫嫌いの翁
  125. 迷い猫
  126. 鼠をやめた猫
  127. 猫をつなぐ者
  128. 猫の隠れ家
  129. 鴉の獲物
  130. 猫の手を借りて
  131. 真心と血統書
  132. 第十四章 暗夜の虹
  133. 蘇芳色の夢
  134. 実像と疑念
  135. 苺を食べる蛇
  136. 夜明けの雷鳴

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!