あとがき

あとがき

 これにて、「できそこない魔法陣師とドラゴン」の第一部完です。


 いかがだったでしょうか?



 僕はカクヨムに登録をして以来、ずっとヨム活動をしていました。

 小説なんて、ましてや長編なんて、書けるわけないと思っていました。


 でも、ある日突然、降ってきました。

 それまでは、冒頭を書き始めてもすぐに行き詰まり、早々に投げ出してしまうばかりでしたが、今回は違いました。

 ラストまでのなんとなくの流れが浮かびました。


 ちゃんと書いてみようと思いました。

 途中でやめてしまわないように、毎日更新することにしました。


 読んでくれている人がいると思うと頑張れるもので、毎日増えていくPVや応援、たまにもらえるコメントやフォローや星やレビューを見て、何が何でも書き終えなくてはいけないと思っていました。

 途中何度か休載日を挟みましたが、なんとかここまで書けたのは、読んでくれたみなさんのおかげです。



 完結を目標にしていたのですが、続きが書きたくなってしまったので、第二部も書きます。


 少し休んで第一部の修正と第二部の構想に充て、続きは11月13日から再開します。



 「ここまで面白かった」「続きを楽しみにしている」と思って下さったら、ぜひ下の応援ボタンをぽちりとお願いします。

 この回好きだなと思ったところにもぜひ。このエピソード楽しんでもらえたんだと嬉しくなります。


 そしてもし、他の人にも紹介したいと思って下さったら、星やレビューをお願いします。

 すごく励みになります。


 他にも気に入った作品やエピソードがあったら、応援したり、レビューを書いたりしてあげてください。

 どの作者もみな喜ぶはずです。



 最後に宣伝を。

 僕がレビューした作品、どれも面白い自信があります。

 眺めてみて、気に入った作品があったらぜひ読んでみてください。

 今までヨムをやって来た僕も報われます。



 それでは。

 ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

 第二部もよろしくお願いします。


 2017年11月2日

 藤浪 保

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます