第58話 反撃

 推進を使ってドラゴンの足元に迫る。


 脚の間を抜ける際に左足首を斬りつけた。


 あれだけてこずっていたうろこなどまるでないかのように、刃はするりと通り、その下の肉を斬った。


 プシュゥッと血が吹き出した。


 そのままの勢いで後ろに回り込み、足首のけんを断つつもりで斬りつける。


 浅い。

 が、あと一太刀でいけそうだ。


 ドラゴンが尻尾を振った。

 脚の間にいれば攻撃は当たらない。


 うろちょろする俺を踏み潰そうと、ドラゴンは足踏みを始めるが、それをよけつつ傷をつけていく。


 きた。


 巡ってきたチャンスを見逃さず、左脚のかかとを再度攻撃。

 深く切れ込みが入り、ドラゴンはうなりながら膝をついた。


 動けなくなるわけではないが、痛みも合わさって鈍くはなるだろう。


 じっとしているのをいいことに、俺は右脚も攻撃した。全体に細かく傷をいれていく。


 ドラゴンはうろこが役に立たなくて混乱しているのだろう。前脚で俺を捕まえようと躍起になっていた。


 俺はそれをするりするりとかわし、時には剣でいなし、翻弄ほんろうするように舞う。


 防御や障壁なんて保険だ。要は当たらなければいいのだ。


 これが俺の本来の戦い方。

 相手は俺の事だけを見て、余計な邪魔は入らない。視線も気配も追いやすい。


 後ろに飛び退いたドラゴンが、炎の塊を頭上に出現させた。

 それは真っ直ぐに俺に向かって落ちてくる。


 俺は左手の破砕器を手放した。

 腰に繋がった紐でぶらりと揺れる。


 こんなもの、切ってしまえばいいんだろっ!


「おらあぁぁっっ!」


 剣を両手で握り、靴を履いた右足を踏み出して、身長ほどもある塊を一刀両断にした。


 そのまま左右二つに分かたれた炎の間を走り抜け、揺れる破砕器を手繰たぐり寄せて起動。


 跳躍二発で跳び上がる。

 ドラゴンは突然塊の陰から走り込んできた俺に対応が遅れた。


 両手で逆手に握り直し、頭上に振りかぶって腹にブッ刺した。

 ずぶりと肉に刺さる手ごたえがあり、勢いと落下の力が合わさって、傷口を縦に割いて止まった。


 噴き出す血を全身に浴びながら、即座に体を丸め両足をドラゴンにつけて突っ張り、剣を引っこ抜きつつ後ろに跳ぶ。


 水平になった背中の下を、俺を叩こうと近づいていた右前脚が通り過ぎ、それはべちゃりと自分の傷口を叩いた。

 振動でさらに血があふれ出し、ドラゴンが悲鳴を上げる。


 地面に降り立った俺は、手のひらを額からあごまでなで下ろして血を拭き落とし、額に貼りついた前髪をかき上げた。どこもかしこもぐっしょりと濡れている。

 

 指なし手袋はグリップがきくので剣を落とすことはないが、汗も血も吸った服は重くなり、体に張り付いて動きが鈍くなる。


 複合魔法陣がないから、日頃のデスクワークがもろに来る。ああしんどい。

 少しは鍛錬しないとだめかな。


 ぎ払うように低く振られた右前脚を、地に伏してよける。左前脚の攻撃はバック転でよけた。


 左足に巻いた布はもう取れかかっていて、逆に危ないので捨てた。

 あってもなくても同じだ。体重のかかる右足がつらいけど、片足でもなんとかならなくはない。


 下がり続ける俺に向かってドラゴンが両前脚をふるう。

 時おり炎の攻撃が来るが、塊だろうと波だろうと全て叩き斬ってやった。


 ドラゴンが徐々に前のめりになってくる。


 ここだ……!


 跳躍を起動し、すぐさま両手で持ち替えて、下がってきた頭を下から突き上げる。根元までずっぷり入った剣をさらに後ろに切り上げて傷口を広げた。


 降り注ぐ血の雨と共に落ちる。


 下あご貫通の手ごたえだった。


 が、致命傷にはなりえない。


 怒り狂ったドラゴンの攻撃をかわしながら考える。


 こちらは魔法陣が尽きたら終わり。

 このまま小さな傷をつけ続けても倒せない。回復されたら振り出しに戻ってしまう。


 余裕があるうちに何とかしないと。


 やはり狙うはあの球だ。


 そう思った瞬間、絶好の機会が訪れた。


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます