第43話 学園の

 隣の部屋には、パースの言った通り、インクを作るための器具と、上質な魔法陣用の紙が数種類、そして俺が使いそうな素材が一通り揃っていた。

 貴重なものから高価なものまで。揃えるのは大変だっただろう。予定ではもっと先に使われるはずだっただろうに。


 扉を閉めた俺は、扉を背に、またずるずるとしゃがみ込んでしまった。


 ――今もドラゴンは前進を続け、住民は食われ続けている。


 嫌な言い方だ。パースは昔からこうだ。


 俺はすぐには動けないのに。

 描いてからじゃないと、動けないのに。


 それをわかっていて、言う。


 その間に食われる住民はどれだけいるんだ。


 ――くそっ。

 なんで俺なんだ。


 王都にはいるだろうが、もっとすげぇ魔術師がよ。

 有名な剣士だっているだろ。

 早く来いよ。

 軍隊引き連れて、早く来てくれよ。


 魔法陣なんて蹴散らして、さっさと討伐してくれよ。


 一度奮い立った気持ちが、これから犠牲になるであろう命の数を考えると、一瞬で折れそうになる。


 だめだ。

 しっかりしろ。

 今は俺しかいないんだ。


「よしっ」


 顔を両手でパチンと叩き、勢いよく立ち上がった。

 やることが決まったのなら、あとはやるしかないのだ。


 シャルムとリズが来るまであと何日だ? 三日か? 二日か?

 それまでに、何が何でも描き上げてやるさ。



 必要な陣を紙に書き出した。

 今持っているのとつき合わせ、使いまわしができないか調整していく。そのまま流用できるものもあるし、描き足せば使えるものもある。


 描く量、結構あるな。

 旅の出発時からしてちゃんと準備できてなかったもんなあ。


 数台の机の上に置いてある素材を見渡す。


 これだけ質のいい紙と、希少な素材があれば、大雑把に描いても動いてくれるだろう。ケチらずにでかく描いてやる。


 素材の不足分を別の紙にリストアップ。

 ドラゴンの血と、さっきパースに頼んだやつは、入手できるかわからないから後回し。


 一通り書き終えた後、ドアがノックされた。

 と同時に、扉が開く。


「どうだノト、できそうか?」

「パース、いきなり入ってくるな。見せられない物もあるってことくらい察しろ」

「悪い。次から気をつける。――で、どうだ、足りそうか?」


 俺はパースに紙を手渡した。


「ここに書いてあるものを急いで集めてくれ。あと、魔力封入済みの魔石の欠片もいる。それと、インクの調合ができるやつを一人寄越してくれ。余計な知識を持ってなくて、調合の技術だけあるやつな」

「素材はなんとかなりそうだ。人手は……そうだな、たぶんなんとかなる」

「頼む」

「何日かかる?」

「三日……いや、二日で何とかする。シャルムが着いたら教えてくれ」

「特審官? 一緒に来たんじゃないのか?」

「逃げてきた」

「ノトらしいな」


 くすりとパースが笑った。


「ノト、他にオレにできることはあるか?」

「自分で描かないとうまく……いや、特審官とその護衛の分を用意してもらっていいか。障壁と回復魔法の。特審官の分の障壁は面積と耐久度優先で、魔力量は無視。護衛の障壁は速度と耐久度優先で、持続時間は一瞬でいい。回復は回復量最大で、魔力はできるだけ節約。あと二人の魔石もいくつか見繕みつくろってくれ」

「人使いの荒いことで。局長そっくりだ」

「やめてくれ」

「じゃ、用意できたら持ってくる」

「頼んだ」


 パースが部屋を出て扉を閉めたのを見届けて、背負い袋から道具を取り出した。

 それを空いている机の上に丁寧に並べていく。ほとんど同じものが用意されていたが、道具は手に馴染んだものを使うに限る。


 次に、机に両手で抱えられるくらいの器を置き、ナイフを取り上げて、手首にざっくりと傷を入れた。

 ドバドバとあふれてきた血を、器で受け止める。


「失礼しま――」


 突然扉が開き、金髪をくるくると縦ロールにした、薄緑色のドレス姿の女が顔を出した。


「――何をなさっているの!?」

「何って、血を……」


 女は驚くほどの素早さでこちらに近寄り、腕をがっしりつかむと、移動しながら唱えていた回復魔術をかけた。

 すると、ややゆっくりと傷口がふさがっていき、血が止まった。


「あ、どうも」


 血は器の半分ほどしかたまっていない。

 もう少し採りたかったところだけれど、まあいいか。


「どうも、じゃありませんわ! ご自分を傷つけるなど、何を考えておいでなの!?」

「えーっと……」


 何をって、インクの調合に血を使いたかっただけなんだけど。

 つーか……。


「誰ですか?」

「わたくしは、ソファーレン・ガーナッシュ。ソフィとお呼びになって。魔法陣師さまのお手伝いに参りました」

「ああそう」

「魔法陣師さまはどちらに?」

「目の前に」


 何を言っているのかわからないという顔。

 何かに思い当たり、はっとする顔。

 そんなわけないとその考えを否定する顔。


 誰も彼もが同じ顔をする。


「信じなくていいから手伝って。手伝えないなら出ていけ。邪魔だから」


 さっき、隣で同じようなことを言われたな、と自嘲する。


「て、手伝えないなんてことは、なくってよ。わたくしこれでも、学園でトップの成績を修めておりますの。インクの調合くらい、できますわ」


 学園ねえ……。


 やるな、パース。

 早い上にオーダー通りじゃねぇか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます