傲慢なる理解者

作者 春ヒロナリ

6

2人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 互いに想い合っている、幼馴染の和那と葉月。
 葉月の夢は軍人になること。けれど、和那は彼女を愛するがゆえに、それを邪魔します。
 それは「傲慢」でしょうか? そんなことはないと思います。けれど、彼女の夢の邪魔をしたという罪悪感に和那は捕らわれ、苦しみます。

 そんな、純粋すぎる愛情の物語であると同時に、和那と葉月の華麗な戦闘シーンに圧倒される物語でもあります。

 和那は強いです。それは、優れた身体能力を持っているからではありますが、それ以上に戦闘センスが優れています。非情に頭の良い戦い方をするのです。
 私が一番、素晴らしいと思った和那の戦闘は、ラスト付近の第88話です。だいぶ先なのでレビューで「ここがオススメ」と書きにくくはあるのですが、本当に凄かったです。ぜひ読んでいただきたいです。

 和那以外のキャラクターも、それぞれ個性的な、そのキャラクターならではの戦い方をします。これだけ多彩な戦闘を書き分けられる作者様の筆力は素晴らしいです。

 大長編ではありますが、完結済みですので、お時間のあるときに一気に読まれることをお薦めいたします。