アナルオナニー ~初めての挑戦篇~

 アナルオナニー。

 読んで字の如く。アナルを弄りながらするオナニー。


 今でこそ「は? 何で皆やらんの?」と思うが

 勿論最初からそんな強気では無かった。


 ただエロ漫画やちょっとマニアックなAV見てると

 ちょいちょいお尻の穴をズボズボされている描写がある。

 で、殆どの場合やられている男が

「んほぉぁあ~~っ!!」

 とかアヘ顔でよがっている。涎垂らして。


 ……これメッチャ気持ちいんちゃう??


 と思うのも当たり前だ。

 俺はアナルオナニーに憧れた。

 当時はネット黎明期で

(フラッシュアニメーション全盛期くらい)

 であんまりアナルオナニーのやり方なんて

 教えてくれるサイトがあんまり無かった。

 そういう本も無かった。今はある。すごい。


 それでも個人サイトで

「アナルオナニーのススメ」

 みたいのがあって、それを参考にした。


 サイトには何かローションやら専用器具やら色々用意して

 とあったが、当時高校生の俺にはそんな事に使う金はなかった。

 そして「初心者の人へ」みたいなコーナーがあり

 そこには金も時間もかけずアナルを開発する方法が載ってた。


 それはこんな方法だ。

 まず横になって胎児のように丸くなってから

 水に濡らした綿棒をお尻の穴にゆっくり入れる。

 入れていくと「アッ!」と感じたりちょっと痛い部分に

 突き当たるので、そこで一旦止める。

 その後ちょこちょこ動かして30分くらい横になってる。


 そしたら何か気持ちよくなってくる……らしい。


 先に書いておく。これは嘘っぱちだ。

 や、人によっては感じるのかもしれんが

 俺はまーーーったく、駄目!!

 ぜんっぜん気持ちよくならない!!


 30分ずっとお尻から綿棒ピョコッと出して丸まってた。

 念のためもう10分待ってみたけど駄目だった。

 こんなん一生こうやっても気持ちよくなんかならん。

 断念して次のステップへと移る。


 それは指入れである。


 湯船の中でアナルの中に指を一本入れてみる。

 恐らく大半はまぁ問題無く入るだろう。

 この時、異物感がかなり気持ち悪い。

 おまけに自分でケツに指入れる態勢は手首がグキッってなって

 すげー痛い。もうやってらんない。


 それでも果敢に二本目を入れてみる。うん、入らない。

 当たり前の話だが指一本は、上から見ると丸だ。

 お尻の穴も丸。

 アナルに入れる異物は丸の形をしている方が入れ易いのだ。

 二本で丸にならない。


 俺は一週間くらい湯船アナル指入れに挑戦したが

 結局断念してしまった。


 アナルに入れた指を嗅いでみたら

 ウンコの臭いがした。くっせー!!!


 アナルオナニストはだんだんウンコに対して寛容になっていきます。




 




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます