春の陽気に誘われてでも良いから

 芝生の庭が緑に染まりはじめている。

 近所の猫が通り過ぎていくのを横目に、ベンチに座り、ひざの上のラジオをつけた。

 国営放送にチャンネルを合わせると、春の童謡が流れてくる。

 それは陽気な空気による穏やかな気分によく似合った。


「娘よ。また、そんなヒラヒラしたものを履いているのか」


 くちばしからため息を漏らす黒羽の鳥人は、長い付き合いになる同居人の女子高生のためにフリースの膝掛けを用意してきた。

 ラジオを乗せながら、器用に足をぱたぱたと揺らしている彼女の無防備な丸い膝に、ふわりとそれをかけてやる。


「いやいや、スカートだってば。いい加減、覚えたら? レイヴン。てかさ、いいじゃんか。今日、あったかいよ?」

「夕方になれば、風が出てくるぞ」

「なんでそんなの、わかるの」

「長年生きていれば、わかるものだ」

「マジ? レイヴン、年いくつ?」


 いつの間にか、春の動揺はクラシック音楽に変わっていた。

 妙に緊張感を帯びた、生真面目そうな音楽家の旋律だ。


「そんなことは、知らなくてよい」

「そんなに言うならさあ、隣に座れば?」

「……なぜ?」

「レイヴンってさ、実はコートより、あったかいじゃん。ヘタすりゃ、ホッカイロよりあったかいよ? 羽毛、サイコー!」

「そんな理由か。くだらん」

「あれー? どんな理由ならイイワケ?」


 急にその瞳をいやらしく細め、年頃の女子高生が鳥人の涼やかな顔をのぞきこんだ。ほとんど化粧っ気のない、きめ細やかな白い肌。赤く色づいた、くちびる。

 普段はクールな鳥人だが、その予測の取れない少女の行動には、いつも悪戦苦闘する。

 沈着冷静な表情を必死に装いながら、レイヴンは答えた。


「娘よ。私は、この羽をモノのように扱う、その物言いに苦言を呈しているのだ」

「何、小難しいコト言ってんの? はーい、おいでー」

「まったく……」


 漆黒のクチバシから、ため息がもれた。

 しかし、今度はさっきとはちがう色を帯びている。


 桜も咲かない、弥生の中旬だった。しかし、桜のつぼみはしっかりと、ふくらみ始めている。

 黒羽の鳥人の羽は、美しく陽光に照らされ、まるで布団を干した後のような心地よさだった。


「夏はさあ、レイヴンってマジ暑苦しいじゃん? 羽とか! でも、それで近づきたくない、って言ったらレイヴンすねるしさあ。だから、今のうちにベタベタしといてあげるからね!」

「あ、ああ……」


それは、優しさと受け取っていいのだろうか、娘よ。

真面目なレイヴンは一晩、その鳥頭を抱えるのだった。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます