おキツネさまとシュモンの御子 (完結)

ウカノミタマノカミの名において 銀杏のチカラをもって これを封じる!

一 「白いキツネは油揚げがお好き」

「キサマが……ウカさまが”シュモンの御子”に選ばれたというガキか」


 そういう動物は、なんだかキツネに似ていた。

 そして、とても白い。


「白いキツネ…?」


 ボクは驚いて、声も出せずに、突っ立っていた。

 そして…ボクはうっすら、わかってしまった。

 この白いキツネはさっきまでここにいた、”おキツネさま”だって…!


 ここは、ボクがじいちゃんに頼まれて、いつも参拝に来る、津島神社。


 いつものようにお参りして、社務所でお神酒を奉納したあと、うちの商売繁盛のために、一緒に参っている、稲荷。

 その稲荷の、二体のおキツネさまの像が、さっき、突然ぴかーっと光った。

 わけがわからないままいるうちに、二匹のうちの一体が、いつのまにかボクの目の前にちょこんと座っていた。

 像のときよりも、心なしか体格が大きくなっている気がする。その大きさは、オオカミくらいのサイズになっていた。


 ボクが何も言えないままでいると、おキツネさまはフン、と鼻を鳴らした。


「あの…なんの用…?」


 おそるおそるボクがたずねると、おキツネさまはそっけなく顔をプイッとやり、ふてくされたように言った。


「ガキよ、名前は?」

「ほ、北条タイガです…」

「フン、チビのくせに、大それた名だな」

「ムッ。あのさ、名前を聞くなら、まずそっちからじゃない? オレ、まだコドモだけどさ、それくらいの礼儀は知ってるよ?」


 じいちゃんから、礼儀はさんざん叩き込まれてるからね。

 すると、白いキツネはぷるぷると震えだした。


「なんと無礼なガキよ! ワレはキサマよりも何百年と生きておる管狐、ウカノミタマノカミさまの使いなるぞ!」

「はあ? よくわかんない人の名前言われてもボク知らないんだけど…」

「人ではない! ウカさまは神である! 全く…このようなガキに”シュモンの御子”が務まるモノか! なぜ、ウカさまはこのようなモノに…」

「シュ…? なに? 御朱印のこと? 御朱印なら、ウチにいっぱいあるけど」

「な、なに! いっぱい? 見てみた…い、いや…ワレには指名が…!」

「じいちゃんが集めてるんだ。見たいなら、見せてあげるよ。北条豆腐店って言って、けっこう美味しいオアゲもあるよ。キツネだから、ちょっとは好きなんじゃ…」

「アゲだと!? アゲがあるのか!」

「う、うん」

「…フン! どうせ、その辺とアゲと変わらぬのであろう? ワレは食に通ずる、舌の肥えたキツネである」

「ム! ボクのじいちゃんのオアゲはこだわりが違うんだよ!」


 じいちゃんのアゲが、その辺のアゲと同じと言われては、ボクは黙っていられない。


「天然のにがりに、国産の菜種油! そして、代々受け継がれる伝統の味付け! うちのアゲは、とにかく分厚いんだ! カリカリ焼いても、肉厚だから、中はすんごくジューシー!」


 おキツネさまのノドが、ゴクリとなったのをボクは聞きのがさなかった。

 おキツネさまは口をあんぐりとあけて、歯のあいだからは、ヨダレがたらたらとこぼれて出してる。

 ふふーん、もうひと押しかな?


「またコトコト煮込んで味付けしたアゲが、これまた最高〜! 一口かじれば、油あげの厚み、口のなかにじんわりと広がるダシの味…心も体も癒される~…」

「も~ガマンできん! 食わせてくれ! キサマの家の油アゲを! 人の子にモノを乞うのは解せぬが、アゲとなれば話は別よ!」


 叫びながら、ボクの目の前まで鼻先を近づけて目を輝かせているおキツネさま。

 うんうん、やっぱりじいちゃんのオアゲは最高だからね。おキツネさまといえど、虜にしちゃうのは当然だよ。

 これは、早く食べさせてあげないとね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます