ドバイ実話旅行記『砂漠の夜の夢』

作者 天妻 多キ

12

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この著者様の書く小説のイメージは、代表作「ひと夏の妹」の様に青春モノという作風が色濃く写るが、このようなギャグ混じりのエッセイも非常に面白い。
チャーリーとマイルズ、中国人OL三人組、そして奥方とキャラもしっかり立っているので、どんどんと読み進めてしまう。
やはりキャラが立っている作品は感情移入がし易い。

全体的に良作でありオススメの作品であるが、「読みたいけど、ちょっと時間が無い」という諸兄には、第18話の最後の五行だけを見てもらいたい。作者の矜持が伺えるはずだ。

★★★ Excellent!!!

作者様とその奥様がドバイ旅行をした際の一日ツアーの体験記なのですが、ドバイのガイドブックに載せてもらいたいくらい分かりやすく的確で参考になります。
時々出てくるパワーワード、名コンビマイルズ&チャーリー、オッパイの大きいベリーダンサー、そして何より美人で潔癖でシャイな奥様が魅力的です。
ベリーダンス、素敵ですよね。うらやましいです。
でも何が一番いいって、ずっと黙って一緒に行動してくれる奥様の存在ですよ。
ぜひまたドバイに行ってください。砂漠のホテルの体験談、お待ちしています。