焰獄のオートマタ

作者 秋桜かをす

★★★ Excellent!!!

かなり新鮮なサイバーパンク!

SFやサイバーパンクものが好きでいくつか読んだりするのですが、実は設定に凝るあまりひたすらサイバー社会を描くだけの作品もあります。
そんな中で本作は、あくまで重厚なサイバー社会を舞台にしていながら、しっかりと読者を楽しませようというエンタメ精神を強く感じました。

一つ一つのエピソードはちょうどいい長さで、かつ分かりやすく描写されています。
特に事件が解決した後のエピローグ的な部分が好きです。
この手の作品って事件が解決したあとに「実はこういうことが裏で起こっていて」とか「真相はこうで」みたいな話をガッツリ書いてしまうものが結構多いです!w
ただ事件が終わってクライマックスを迎えたのにそういう話をダラダラっとされてもあまり頭に入ってこない性質です私。しかし本作はむしろキャラ同士のギャグ寄りな掛け合いがメインに描かれており、とても心地いい余韻が残ります。

しっかりとエンタメとして成立した、軽妙かつ重厚なサイバーパンクが読みたい方には強くお勧めできる作品です!

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!