メッセージ:検体より

作者 三ツ葉亮佑

52

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

不可解で不気味な物に巻き込まれた筆者の方と、彼が巻き込まれたものがなんなのかが次々に明らかになっていく。

オカルトの類を信じない事や当時の若さもあってか、自身の見たモノがなんなのかを調べる事に何の戸惑いもない。
それゆえに、その正体を知った時の彼の恐怖心はどれほどのものだったのだろう。
私は筆者の方と親しくさせてもらっているのだが、彼は真相に関連する事柄にかなり詳しい事も知っている。恐らくは私がこれを読んで覚えた恐怖よりもはるかに強い物を覚えただろう。

人間の恐怖は、無知というか、知らない事が大きな原因になると思う。しかし、どうしようもないことを突きつけられ、知った事への後悔の重みがのしかかる分、恐怖の度合いは大きくなるのではないか。

彼の身に何もなかった事は本当によかったと思う。
彼と今も馬鹿話ができる事を本当にありがたく思う。

そして、筆者も最終章で明言している、恐怖の真相を生み出した『モノ』は、色と形を変えて、今も我々の傍にいる。
その事は、絶対に忘れないようにしたいと思う。

★★★ Excellent!!!

このお話はその場所で過去に起こった事を見せる……といいますか、その世界に一時的に迷い込ませるといいますか……そういったお話です。
そういった白昼夢を思わせるような、その場所に立ち入った人に過去の記録を見せるという事例は他にもあります。
なかなか信じてもらえないものですし、当事者も半信半疑だったりするものですが、こういった「残留思念」というものは有るような気がします。
げに恐ろしきは人の念……といったところでしょうか。