「残念でした。」

作者 しいら りん

悲劇のバトンは、どこかで落ちる……か

  • ★★ Very Good!!

ネタバレするので内容に触れられないのが残念ですが……救いようのない話と捉えるか、チャンスがあると考えるかが、読者の意志に任されているように感じました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

水円 岳さんの他のおすすめレビュー 70