アイデンティティ

作者 @otaku

15

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

痒いところに手を伸ばしてくれるような描写のお陰で、登場人物や背景、関係性が綺麗に想像することが出来ます。

そして現れた「タナカナホコ」。
家族には触れられたくない過去や秘密があります。人一人にも大小関わらず必ずあります。

「タナカナホコ」の秘密は家族の秘密なのか。それとも菜穂子一人の秘密なのか。

現実か夢か。
もしかしたら本当に夢だったのかもしれませんね。


※「お化け企画」にご参加頂きま誠にありがとうございました。


にぎた

★★★ Excellent!!!

散りばめられた細やかな笑い所や流暢な語り口にするすると読み進めてしまい、油断しているところにラストの恐怖でビクッとなります。
読み終えたあと、のこされた謎を解くためにより慎重にはじめからもう一度。
「これは正解なのか」と、確かめるためにまた冒頭から……

『多感な思春期の少女』が主人公としてさまざまな想像を膨らませながら語っているからか、物語の結末もさまざまに予想できる余地がのこされており、計算されてるなぁ上手いなぁと思いながらも、3度読み返してしまいました!もちろん読んでる間はずっと恐かったです……(笑)