へべ雑談

作者 真野てん

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全100話

更新

  1. 第一回 正しい小説の書き方?
  2. 第二回 起承転結の呪縛
  3. 第三回 視点移動という名の悪魔
  4. 第四回 ゴッドファーザーになれない
  5. 第五回 ポケットをたたくと
  6. 第六回 素と玄(しろとくろ)
  7. 第七回 プロットとはなんぞ?
  8. 第八回 ヘベ式プロット【分割】
  9. 第九回 へべ式プロット【概要】【再現】
  10. 第十回 世界の生み方
  11. 第十一回 世界の覗き方
  12. 第十二回 あなたは何を書くべきか
  13. 第十三回 勝手に動くんじゃねえ
  14. 第十四回 リアルタイム・メイキング①
  15. 第十五回 リアルタイム・メイキング②
  16. 第十六回 リアルタイム・メイキング③
  17. 第十七回 リアルタイム・メイキング④
  18. 第十八回 そんなことより推敲しようぜ
  19. 第十九回 スタッドレス
  20. 第二十回 テンプレとの飽くなき戦い
  21. 第二十一回 一体なにと戦っているのだろう
  22. 第二十二回 俺がジャンルを越えていく
  23. 第二十三回 リアルタイム・メイキング番外編
  24. 第二十四回 ジジイの老婆心
  25. 第二十五回 書き出しセリフ始まり問題
  26. 第二十六回 行間の是非
  27. 第二十七回 ものを売る前にまず人柄を売れ
  28. 第二十八回 血の道標
  29. 第二十九回 へべれけという書き手
  30. 第三十回 出オチの功罪
  31. 第三十一回 文章力は必要か論争
  32. 第三十二回 力と技の風車が回る
  33. 第三十三回 へべれけという読み手
  34. 第三十四回 ライラの誘惑
  35. 第三十五回 動機の息切れに休心
  36. 第三十六回 伏線とは後ろめたさの別名である
  37. 第三十七回 文字書きの麻疹
  38. 第三十八回 書き手のタレント性を考える
  39. 第三十九回 メメント・モリ
  40. 第四十回 終わらないホームワーク
  41. 第四十一回 正しい小説の書き方・完
  42. 第四十二回 時は文字なり
  43. 第四十三回 『なぜ?』はみんなの合言葉
  44. 第四十四回 へべさんについて
  45. 第四十五回 本音で感想お願いします
  46. 第四十六回 こういう意味です
  47. 第四十七回 あえてつついた重箱の隅
  48. 第四十八回 某所の匿名競作企画
  49. 第四十九回 戦闘描写における私見
  50. 第五十回 ゼロからイチを起こす
  51. 第五十一回 ルーツ
  52. 第五十二回 続・ルーツ
  53. 第五十三回 寝しなの耳元に飛ぶ虫は
  54. 第五十四回 長編を書いてみよう
  55. 第五十五回 演出ってなんだっけ
  56. 第五十六回 読了性
  57. 第五十七回 群像劇の甘い罠
  58. 第五十八回 おまいう
  59. 第五十九回 『読みやすさ』を作ろう
  60. 第六十回 書きたいものと書きたいこと
  61. 第六十一回 汚れと穢れ
  62. 第六十二回 フィクションはどこまで許される
  63. 第六十三回 続・『読みやすさ』を作ろう
  64. 第六十四回 読者選考をどう捉えるか
  65. 第六十五回 アイデア管理
  66. 第六十六回 焦点/フォーカス
  67. 第六十七回 焦点移動/カメラワーク
  68. 第六十八回 ほんとはみんな凄いんだぜ
  69. 第六十九回 嫌なら見るな
  70. 第七十回 ペンを持て、そして書け!
  71. 第七十一回 読解力にうったえる
  72. 第七十二回 あなたの物語を
  73. 第七十三回 ○○警察との付き合い方
  74. 第七十四回 自分より頭のいいキャラクター
  75. 第七十五回 すりこみ
  76. 第七十六回 枯れた技術の水平思考
  77. 第七十七回 謙虚と自虐のはざまにゆれる
  78. 第七十八回 内角を攻める資格
  79. 第七十九回 不幸自慢
  80. 第八十回 いいことよりも悪いこと
  81. 第八十一回 柳に風くらいの気持ちで
  82. 第八十二回 小説を書くための練習
  83. 第八十三回 下手っぴ脱却プログラム
  84. 第八十四回 まっすぐに行こう
  85. 第八十五回 センス・オブ・ワンダー
  86. 第八十六回 外しちゃいけないサムシング
  87. 第八十七回 ラノベとは、につまづくなかれ
  88. 第八十八回 ライガーボムに見る創作の在り方とその傾向
  89. 第八十九回 天秤のうえのモノカキたち
  90. 第九十回 フレーム的なやーつ
  91. 第九十一回 物語を作ろう
  92. 第九十二回 偶然の力
  93. 第九十三回 憧れと共感
  94. 第九十四回 目指すべき頂き
  95. 第九十五回 いい塩梅
  96. 第九十六回 テキストとスクリプト
  97. 第九十七回 知識よりも想像力
  98. 第九十八回 『読者を育てる』で思い出したこと
  99. 第九十九回 伝えることの難しさ
  100. 第百回 正しい小説の書き方