大泥棒に5分は長い

如月新一

五分って長すぎだろ

「普通三分だろ、三分。五分って長すぎだろ」

「何がっすか」

「いいか? ウルトラマンだって三分で怪獣をやっつけてんだぞ。なのに五分もかかってどうすんだよ」

「だから、何がっすか」


 俺が辟易としながら訊ねると、安孫子あびこさんは口を尖らせて、「あれだよあれ」とテーブルを指差した。テーブルの上には、食べかけのインスタントのカップうどんが置いてある。


 あのインスタントうどんのテレビCMを昨夜見たなぁ、と思い出す。「麺のコシが変わりました」と起用されたタレントが、腰を可愛く左右に振りなら踊っていた。でも、うどんのCMはだいたい「コシが変わった」と謳っている気がする。毎回うどんのコシが変わるのなら、俺たちは今まで中途半端なものを食べさせられていたのかよ、といつも不信に思ってしまう。


 俺が「ごめんなさい、もうしません」と言うと、同棲中の彼女であるあおいは「そのセリフは聞き飽きたんですけど」と怒る。うどんのCMも怒られればいいんだ、と現在の状況下で、全く関係ない不満を抱いた。


「うどんが三分だったら、間に合ったんだ」


 安孫子さんが鼻息を荒くし、俺に言う。眼前に安孫子さんの顔があるので鼻息が俺にかかり、不快感を覚える。俺は眉間に皺を寄せながら、「静かにしてくださいよ」と自分の唇に人差し指を当てた。


 リビングの扉が開かれ、住人が帰ってきた。俺と安孫子さんは潜水中であるかのようにぴたりと息を止め、クローゼットの隙間からリビングを窺う。


 逃げ足には自信があるが、今は動くことができない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!