記憶のない冒険者が最後の希望になるようです

作者 パクリ田盗作

62

27人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

主人公の名が作品の体を表していていいですね。現在、第一章まで読了。
物語としての完成度が非常に高い。男女の霊の気持ちのやりとりの丁寧な表現と悲劇。そしてそれをきちんと期待通りにハッピーエンドにするシナリオ。第一章が、作者のこの物語のやりたいことをミニマルスケールで表現しているのではないでしょうか?
この悲劇の男女の別れからの再逢には、チャンスとマトイの二人の今後の姿を示唆しているのかな、と考察してみました。はてさてどうなるか。
主人公の記憶の断片には色々とワケあり伏線ありの様子ですが、きっとタイトル通り、ハッピーエンドが期待されるのでその日まで正座待機しときましょう。
あ、あと悪役が悪役然としておりゲスさが好き。

★★ Very Good!!

記憶を失った主人公、覚えているのは自信の名前と「地球」「日本」と言う言葉のみ。
世界の常識も知らず、出会う人全てを驚かせる彼ですが、まっすぐな性格とその身に眠る強大な力で誰かを守ろうと奮闘し、人を引き付けます。
元々のお人よしさに加えて時折蘇る記憶の断片から誰かの最後の希望として彼は絶望に立ちはだかる。王道ファンタジーに加え、作者の多作品で見られる様々な知識を生かした設定が配置され、随所にわかりやすい解説を入れつつもそれがあまり苦にならないところに上手さを感じます。

果たして彼は何者なのか。強大な力を得たその背景には何があるのか。
これからが楽しみです。

★★ Very Good!!

非常に読みやすい文、テンポの良い展開、個性豊かなキャラクター……必要なものが全てこの作品に詰まっています。
戦闘だけでなくちょっとした謎解き、ミステリな要素もあったりして、読者を飽きさせない配慮がなされた良作です!

昔ながらの王道ライトファンタジーさを持ち合わせながら、ふんだんな知識できちんとした世界観が紡がれているため、つまずくことがなく読み進められました。

主人公とヒロインの関係性も微笑ましく、暖かく見守ることができます。

主人公チャンスの謎、これからがどうなっていくのか気になる作品です。

★★★ Excellent!!!

良い。二人のやり取りに良さみが有り余る。主人公とヒロインの冒険者コンビにはこれからも期待が持てますねぇ!

題名にある通り自身の記憶が無い主人公 ラスト・チャンス。名前からしてどう足掻いても希望しか持てませんほんとうにありがとうございます。ここまでどストレートな名前でも違和感の無いのは、やはりその人の良さがあるからでしょう。うーん、自分もこれくらい優しい人になりたい。

次にヒロインのマトイ。彼女もまた冒険者であり、チャンス君のサポートをする心強い存在。僕っ娘に平たい胸……うーん、最高かよ。武器に錬成術で作ったマスケット銃なのも格好いい。一個人としての評価も+100付けちゃう。

それにしても、チャンス君が僅かに覚えているワード、気になりますねぇ。諦めることを諦めた彼が、今後どの様な形で希望となってくれるのか。先の展開が楽しみです。

あまりにも唐突過ぎる小さな探偵は流石に不意討ちだった()

★★★ Excellent!!!

 異世界、記憶を失った少年の名は『ラスト・チャンス』…最後の機会と銘打たれた少年は、果たして異世界に何をもたらすのか!?これからゆっくりと物語を追わせてもらいますが、安定感のある話運びが信頼できますね。すぐに情景が浮かぶ、シンプルながらも洗練された描写もグーです!オススメです!