第4話〔こいむゆうびょう〕④

「お姉ちゃん、元気でね。ありがとう」


 車椅子に乗る少女の見送りに手を振り返す。


「たまに見に来るから、元気でいなさいよ」


 うん!とよい返答に満足。


「これを、頼まれていた記録です。お礼にどうぞ」


 真っ白なファイルにしおりが刺さった物が、医者から手渡される。


「けど美音ちゃんを救ったのは」


「そう聞きましたが、貰ってください。全ての発端は貴女方だ」


 十三年を挿して立つ栞を頼りに、何気なくパラパラと捲っていく指先が一面を晒して静止する。


 ――時は、逆走して過去を廻り返していく。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます