第4話〔ゆめみたせつな〕④

 倒れ伏す彼女ともえに、程なくして車体が突っ込んできた。


 痛みを感じさせないでと言った彼女ともえの願いは叶ったのである。


 そうして彼女ともえの多隔だったともえの身は残ってしまった。


 願いを受けた身分。果たすまでとどまり続けなければならない。


 だがら叶え続けなければ、誰の為でもない自分ともえ自身が望んだ。


〝痛みを消してくれ〟と、痛みというものを世から取り払えと。


 彼女の死に沿って殺れば好い。人の意など脆い、簡単だ。


 しかし、半身わたしだけでは動けない。口元が勝手に笑う。


 構わないわ。だって半身わたしであるともえ自身。


 ――多隔人格者なのだから――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます